名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

トーマス・マン 名言/格言

トーマス・マン

 

パウル・トーマス・マンとは(画像

ドイツ小説家。生誕1875年

 

 

スポンサーリンク

 

トーマス・マンの言葉

 

『命というものは、儚いからこそ、尊く、厳かに美しいのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

『アウラ』というのは、『儚いからこそ尊い』という価値を指し示す言葉。年に一度、夜空に打ち上がる大花火のことを思い出せばいい。あれはとても儚く、美しい。

>>続きを見る

 

『私は平衡の人間である。ボートが右へ転覆しそうになると、私は本能的に左へ身をのりだす、逆の場合には逆の動作をする。』

 

カテゴリー:人生/生死

『自己防衛本能』で考えれば、すぐに納得できる話だ。誰もがそうすることだろう。ボートが右に傾けば、左に身体を傾ける。当たり前だ。

>>続きを見る

 

『会話は文明そのものである。言葉は人と人を結びつけ、沈黙は人を孤立させる。』

 

カテゴリー:自己/精神

私はこと『沈黙』というテーマについて、うるさい。それは当たり前だ。私は『吃音症』の症状を患った部下の、上司、指導者である。 70年の月日が経った。その間に磨き抜かれた戦略や、武器や、科学は、凄まじい成長を遂げている。

>>続きを見る

 

『道に迷うこともあったが、それはある人々にとっては、もともと本道というものが存在しないからのことだった。』

 

カテゴリー:人生/生死

道がある。ハッキリと見える。真っ直ぐに見える。だとしたら、その一本道を歩くことを戸惑う人はいない。

>>続きを見る

 

『いつも愛されてばかりいる男など、うすらバカに決まっている。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

トーマス・マンはこうも言った。『多く愛するものは、常に敗者で、常に悩まなければならない。』いつも多くの人に愛されてばかりいるって、そりゃあそうだろう。

>>続きを見る

 

『過去という泉は深い。』

 

カテゴリー:自己/精神

私がいつも部下に言っているのは、『井戸掃除』の話だ。

>>続きを見る

 

『私達は闇から生まれて又闇へ戻ります。この闇から闇への間に私達の人生体験があるわけです。』

 

カテゴリー:自己/精神

生まれる前のことを知る人間はいない。死んだ後のことを知る人間はいない。つまりそこにあるのは『空白(闇)』である。

>>続きを見る

 

『人が意見のために闘うチャンスを持たないならば、意見は存在し続けることはない。』

 

カテゴリー:自己/精神

『意見の為に闘う』、『チャンスを持たない』、『意見は存在し続けない』、まずこうして細分化して、言葉の意味を考えてみる。

>>続きを見る

 

『多く愛するものは、常に敗者で、常に悩まなければならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

ドストエフスキーは言った。『一般的に言って、苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである。』つまり、ドストエフスキーの言う『偉大な自覚と深い心情の持ち主』とは、太宰治の言う、

>>続きを見る

 

『一日が他のすべての日と同じであるとしたら千日は一日のごとく感ぜられるであろう。』

 

カテゴリー:自己/精神

バーナード・ショーは言った。『こいつが最初三十分ばかりの幸福なら、財布をはたいてでも買ってやるところだよ。だがね、生涯つづく幸福!これには到底耐えられないね。この世の地獄だ。』

>>続きを見る

 

『無名と貧窮の歳月、実はこの歳月こそ、最も実り豊かな時代であったのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

現代における経営の神、稲盛和夫は言った。『人生において「無駄な苦労」というものは、実は一つもありません。なぜなら、苦労そのものが人間をつくっていくからです。』トルストイはこう言い、

>>続きを見る

 

『幸福とは愛することであり、また、愛する対象へ、時としてわずかに、心もとなく近づいてゆく機会をとらえることである。』

 

カテゴリー:成功/幸福

愛する対象がある。それに近づいていく機会を捉えることができれば、それは幸福であるという。

>>続きを見る

 

『成功とは、自分の人生を自分の力で動かしている実感があることだ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

萩原朔太郎は、『自由とは、自分が『自由である』と信ずるところの、一つの幻覚にすぎないのである。』と言ったが、確かにその実感は、『幻覚』であり、『妄想』なのかもしれない。

>>続きを見る

 

『芸術家は感情と思想、美と倫理、陶酔と良心という、相反する2つのものに挟まれて苦悩するのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分の『思想』は、その芸術に『美しさ』を感じているが、それはもしかしたら『陶酔』なのかもしれない。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP