Contents|目次

真田幸村『恩義を忘れ、私欲を貪り、人と呼べるか。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

新撰組局長、近藤勇は言った。

 

それは『人間の生きる道』だ。それを忘れて、あるいはないがしろにした人間が歩いている道は、『道の外』だ。つまりそれこそ『外道』である。

 

稲盛和夫もこう言っている。

 

伊藤忠商事元会長、越後正一も、

 

と言い、経営の神、松下幸之助も、

 

と言っているが、『義利合一』の精神を忘れ、私利私欲に心を支配される人間など、もとより、大した人間にはなれない。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ウィリアム・ジェームズ『人生をもっとも偉大に使う使い方というのは、人生が終わってもまだ続くような何ものかのために、人生を使うことである。』 ジョン・レノン『もし、すべての人がもう一台テレビを欲しがるかわりに、平和を要求したら、そのとき平和は実現するだろう。』 ヴォーヴナルグ『格言は、哲学者たちの機知のほとばしりである。証明のいる箴言は、表現の下手な箴言である。箴言は書き手の心を暴露する。』

 

関連する『黄金律

『真の礼儀とは。』

同じ人物の名言一覧

真田幸村(真田信繁)の名言・格言一覧