『ヒト』を最適化しよう。

『真の礼儀とは。』

真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

『慇懃無礼(いんぎんぶれい)』とは、表層では敬語を使って相手を敬っているように見えるが、実際の部分では相手を見下し、忌み嫌って敵視するような人間の態度のことを言う。以上の言葉が存在することからもわかるように、別に、表層上が整っているからといって、そこに礼儀があるとは限らない。

 

見ているところで表層を取り繕うことは、礼儀とは一切無関係なのである。そうではなく、例えば見ていないところで、恩を感じた人の背中に向けて、深々と頭を下げるのをたまに見るだろう。あれだ。あそこに真の礼儀の何たるかがある。

 

葬式であくびをしたり、終わった後の寿司のことを考えている人間がいるくらいなら、葬式などやらない方が良い。それが許されるのは、まだ精神未熟で識別不確かな、子供だけだ。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
例えば、結婚式で流す音楽を決めたいと思う。その時、『この流行りの音楽を流さなきゃダサいと思われる』という発想がよぎり、それに支配され、流す。では、その結婚式は一体誰の為のものなのか?『その人ら』は本当に『真友』なのか?真友であればなぜ『ダサい』と思うのか?
ヒント2
儀式慣例、社交辞令。それらをこなす人間を見ると、『出来る人間』に見える。…という固定観念がまかり通っている。だが、まかり通っているものが常に真実なのであれば、『天動説』も『生贄』も、今でも存在しているはずだ。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(6)

哲学者・思想家(3)

 

作家(1)

 

クリエーター・アーティスト(1)

 

四聖(2)

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)