『後悔したくない方』はこちら

真田幸村『部下ほど難しい存在はない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

部下ほど難しい存在はないのだろうか。異性や、子供や、精神病を患った人間よりも、『部下』なのだろうか。それが最も難しい存在なのだろうか。考えられるとしたら、『越権行為に走りがちになる』ということだ。部下を、自分の僕とか、駒のように考えてしまいがちであり、あるいは、自分よりも有能な人間がいた場合、その様な人間に対して、どのような対処をすればいいか、ということだ。『部下』というぐらいだから、『評価する対象』になるわけだ。それをするのは上司の役目であり、その上司よりも有能な部下がいた場合、本来なら、その人間を自分の上司にしなければならないはずだが、それが出来る人間が果たしてどれほどいるだろうか。

 

という方向であれば、確かに部下の存在は難しいものとなる。

 

平賀源内は、優秀だった為に何度か引き止め工作に遭っている。あるいは、武田信玄は、自分より優秀な人間の首を切り、自らの保身を強引に確保していたというが、この辺りの人間の心理が少し歪んで見えることが、今回の言葉と何か関係があるような気もする。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』

同じ人物の名言一覧

真田幸村(真田信繁)の名言・格言一覧