『ヒト』を最適化しよう。

西郷隆盛『正論では革命をおこせない。革命をおこすものは僻論(へきろん)である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『僻論(へきろん)』というのは、『間違った意見』という意味だ。正論の対義語という意味合いである。

 

徳富蘆花は言った。

 

それはそうだ。既に『黒』としてまとまっている概念を真っ向から否定して、『いや、白が正解だ』と言って飛びかかるわけだ。

 

何を言っているんだ。お前が言っているのは僻論である。

 

と言い捨てられるのが関の山である。つまり『 』を付けた方がわかりやすい。

 

『正論』では革命をおこせない。革命をおこすものは『僻論』である

 

これなら『正論(とされているもの)』であり、『僻論(とされているもの)』になるわけで、だとしたら、『だが、別にその(されているもの。まかり通っているもの。既成概念)は、真に正しいものかどうかは定かではない』という考え方が垣間見えることになる。

 

デカルトは言った。

 

その、まかり通っている常識は、本当に真理の道の上にあるのだろうか。ないのであれば、それは短命である。『僻論』によって、淘汰されるだろう。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

西郷隆盛の名言・格言一覧