『ヒト』を最適化しよう。

西郷隆盛『間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。間違いを悔しく思い、取り繕うと心配することは、たとえば茶碗を割り、その欠けたものを合わせてみるようなもので、意味がないことである。』

 

孔子は言った。

孔子

 

また、ガンジーはこう言い、

 

幕末最大の知識人、佐久間象山はこう言った。

 

この発想が欲しい。単純に、その発想になるだけでいいのだ。もちろん、執着はあるだろう。見栄も張りたいし、虚勢も張りたい。だが、見栄と虚勢に執着している人間に、大した人間はいない。そんな小物に自ら成り下がる必要はない。過ちがあったということは、それを克服すれば弱点がまた更になくなるではないか。単純に、この発想が欲しいのだ。プライドの高い人間ならそれが出来る。単なる見栄っ張りなら、間違いを認めず、事実を隠蔽するだろう。見栄とプライドの違いは、雲泥である。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』

同じ人物の名言一覧

西郷隆盛の名言・格言一覧