『ヒト』を最適化しよう。

ゲーテ『生まれが同時代、仕事が同業、といった身近な人から学ぶ必要は無い。何世紀も普遍の価値、普遍の名声を保ってきた作品を持つ、過去の偉大な人物にこそ学ぶことだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

ニーチェはこう言い、

 

岡本太郎の父、岡本一平は言った。

 

また、ニュートンもこう言ったが、

 

ニュートンから見て、プラトンアリストテレスは、2000歳以上も年が離れている。冷静に考えればわかることだ。生まれが同時代、仕事が同業、あるいはたまたま近くに住んでいた人間が、なぜ自分にとって『模範的な人』なのだろうか。そこにあるのはある種の麻痺だ。

 

例えばユダヤ人などははどうだ。ユダヤ人は賢い。世界で一番ノーベル賞を取っている人種は、ユダヤ人だ。それに今の世で言えば、Google創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、デル創業者のマイケル・デル、インテル創業者のアンドリュー・グローブ、マイクロソフトCEOのスティーブ・ハルマー、スターバックス中興の祖ハワード・シュルツ、ブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグ。モーセマルクスフロイトアインシュタイン、彼らは皆、ユダヤ人である。

 

だがユダヤ人は、かつてのナチスが考えたような、悪の人種などではない。むしろ、『そういう劣悪な環境』を強いられ、世界中に飛び散らされ、その環境の中で生きていくしかなかった。しかし、彼らは過酷な状況を強いられたことで、生き抜くための智恵を身につけたのだ。その結果は前述したとおりである。

 

ユダヤ

 

それが一体何を意味すると思うか。私もかつては、『身の回りにいる人』に重きを置く人間だった。だからその気持ちはよくわかる。ただただ、大事にしたいのだ。無下にしたくないのだ。しかし、本当に彼ら彼女らが、自分の真の友人だと思うか。『友人』に値する行動を取っていると、心底に微塵の曇りもなく言えるだろうか。そもそも『友人』の意味を理解しているだろうか。まさか、嫌な一面や本性を見るに至らない表層的な付き合いをして、その人物のことを知ったつもりでいるわけではあるまい。

 

しかし、彼らを責めてはならない。彼らは別に、最初から『人間の模範』ではないのだ。もちろん中には例外もあるが、往々にしては、『たまたま周りにいた人』だ。

 

広告の神、クロード・ホプキンズは言った。

 

聞くべき意見と、そうじゃない意見は、ある。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧

ゲーテの名言・格言一覧