名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

マルクス 名言/格言

マルクス

 

カール・ハインリヒ・マルクスとは(画像

プロイセン王国哲学者。生誕1818年。マルクスは1818年5月5日生まれで、19世紀頃のドイツを中心に活躍した革命家です。「人間とは自分の運命を支配する自由な者の事である」、「不正な手段を必要とするような目的は正当な目的ではない」など、数々の名言を遺しています。彼はフリードリヒ・エンゲルスとともに様々な思想や哲学を提唱しました。

 

科学的社会主義とも呼ばれる「マルクス主義」は、19世紀~20世紀の政治に多大な影響を与えたほどです。世界中でマルクス主義が採用されましたが、1917年にはその中の一派の代表者だったウラジーミル・レーニンがロシア革命を成功させました。また、いくつもの著作を出版しており、代表作には「資本論」や「経済学批判」、「哲学の貧困」などがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

マルクスの言葉

 

『歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ』

 

カテゴリー:知性/知恵

資本主義を定義した歴史的経済学者、カール・マルクス。経済を勉強してこの名を聞いたことがない人間はいないだろう。私は別に勉強はしていないが、その私ですら知っているくらいだ。

>>続きを見る

 

『人間の意識が人間の存在を決めるのではなく、反対に、人間の社会的存在が人間の意識を決めるのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

だがデカルトは、『我思う、ゆえに我あり。』と言ったわけで、人間の意識が人間の存在を決めるという主張と相反することになる。

>>続きを見る

 

『汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。』

 

カテゴリー:人生/生死

坂本龍馬は言った。『世の人は、我を何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。』まさしく、マルクスのこの言葉とリンクする言葉である。

>>続きを見る

 

『教育もまた、教育を必要としないだろうか?』

 

カテゴリー:教育/愛情

『歪んだ愛情は、文字通り人の人格を捻じ曲げる。』には、『育児と教育の違い』について書いた。

>>続きを見る

 

『役に立つ物が増え過ぎると、役に立たない者が増え過ぎる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば最近では『10年後に消える職業』の話だ。テクノロジーが進化していく延長線上にあるのは、間違いなく利便性の向上した未来の構図だ。

>>続きを見る

 

『宗教とは、民衆の阿片である。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『阿片(アヘン)』とは、麻薬のことである。かつて、社会にそれが蔓延していた時代があったのだ。

>>続きを見る

 

『戦いか、死か。血まみれの戦いか、無か。問題は厳として、こう提起されている。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

まず、『戦い』と『血まみれの戦い』として、わざわざ二つに分けて挙げられていることから、この二つは、違う意味での『戦い』ということが想定できることになる。

>>続きを見る

 

『悪い面こそ歴史をつくる運動を生みだすのである。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

例えば『原爆ドーム』や『アウシュビッツ強制収容所』は、『負の世界遺産』として未来永劫語り継がれ、守られていく世界遺産である。

>>続きを見る

 

『豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。』

 

カテゴリー:お金/資産

ニーチェは言った。『愚者は良い暮らしを得ても、それよりもっと良い暮らしを求める。』富=幸福

>>続きを見る

 

『学問には平坦な大道はありません。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦をいとわないものだけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがあるのです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

そしてその『学問』の中には、研究もスポーツも武道も何もかも含まれる。エジソンがこう言い、『私はひとたび自分が正しいと思う道を歩きだしたら、ゴールに到達するまでペースを崩さない。』

>>続きを見る

 

『理論も、大衆を捉えるや否や物理的権力となる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『理論』という『見えない網』が世界に広がっている。それは例えば、『人を殺してはならない』という常識、固定観念、既成概念、マナー、倫理、道徳である。人は、そういう理論に『束縛』されて生きているのである。

>>続きを見る

 

『思想が現実に迫るのみでは十分ではない。現実が自ら思想に迫るのでなければならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

それはそうだろう。自分の思想が、ようやく現実に追いついた。それはつまり、現実逃避をしていた人間が、ようやく目の前の現実を直視するようになった、という状況がそこにあるということである。

>>続きを見る

 

『宗教は抑圧された生物の嘆息である。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

『嘆息(たんそく)』とは、悲しんだりしてがっかりする、ため息をつくということである。つまりマルクスの言葉をまとめると、宗教は、抑圧された生物が、それに耐えられないが為に、目を逸らそうとした場所にある概念である。

>>続きを見る

 

『人間が宗教をつくるのであって、宗教が人間をつくるのではない。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

これは非常に興味深いテーマだ。マルクスの言う通りなのだろうか。ニーチェは言った。『人間が神のしくじりにすぎないのか、神が人間のしくじりにすぎないのか。』。

>>続きを見る

 

『人間の意識がその存在を規定するのではなくて、逆に、人間の社会的存在がその意識を規定するのである。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば、『カースト制度』によって『奴隷』として規定された人間はどうだ。

>>続きを見る

 

『出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

しかし、『それが最期の言葉』なのであれば、それで十分目的は達成したのである。 『・・・。』だったらわかるが、

>>続きを見る

 

『あらゆる我々の発明は、知的生活を伴う物質的諸力を授けたが、人間の生活を物質的な圧力に屈服させた。』

 

カテゴリー:知性/知恵

まるで依存するかのようにテレビを部屋に当たり前かの様に設置し、そこで流れる番組を観て、新しい製品が出たらすぐにチェックし、流行に従ってそれに乗っかる。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP