『ヒト』を最適化しよう。

勝海舟『大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

しかし、彼の教え子であった坂本龍馬は、今の私と同じ年でこの世を去った。31歳である。中岡慎太郎にしては、29歳だ。彼、彼らが成し遂げた『薩長連合』の仲介、『大政奉還』の実現は、全てにおいて彼らの手柄と言わずとも、彼らが大きく関わった。また、これら『明治維新』の背景にあるのはまだあって、儒教の始祖である孔子の、弟子の孟子が、『土地は国家ものだ』という土地均分の考え方を持っていて、これがのちに、日本の『明治維新』に大きな影響を与えたと言われている。

 

だとすると、こんなにも偉大な人物たちの思想が関わった『明治維新』に、大きく関わった彼ら若き命は、『大事を成した』と呼ぶに相応しいはずである。

 

24歳で亡くなったジェームズ・ディーンは言った。

 

あるいは、16歳で命を落とした天草四郎は言った。

 

とどめに考えるのは、モンテーニュのこの言葉だ。

 

なるほど『寿命』とは、『意志が芽生え、その命の灯が消える刹那までの間』を指すのである。たしかに『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

 

の中で、33歳でこの世を去ったキリスト以外は皆70歳以上でこの世を去っている。だが、キリストはその若さで死んで、この人間界に甚大な影響を与えたのだ。やはりそう考えると、

 

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

 

ということなのであるが、ここで考えられるのはこういうことでもあるだろう。

 

『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。』

 

事実、勝海舟はこう言っている。

 

時には長く耐え忍び、何もしないで機会を待った方が大きな出力を生むことができることがある。そういう風林火山の重要性について説いた言葉でもあるだろう。

 

風林火山

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

勝海舟の名言・格言一覧