名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

孟子『本を読んで、それを真に受けるだけなら、読まない方がいい。』

孟子


中国儒学者 孟子画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


孔子に次いで儒教の重要人物と言われる孟子。それゆえに儒教は、『孔孟教』と言われることもあるという。

 

この言葉は上級編だ。ソクラテスは言う。

『よく本を読んで、良き魂を育てよ。苦労して、著者が身に付けたことを、苦労せずに、読者は身に付けられよう。』

 

本を読めと言ったり、それを真に受けるなと言ったり、混乱してしまうではないか。
だから上級編だ。

 

簡単に言うと『自信を付けることは大いに結構である。だが、過信はするな』ということなのである。

 

『情報操作』という言葉を聞いたことがあるはずだが、例えば『赤壁の戦い(レッドクリフ)』で周瑜が操った『メタの世界』とは、その『情報操作』だ。表面の主導権を譲り、水面下の主導権を得る。これが『メタの世界』だ。

 



同じように、表面や直面した事実をそのまま真に受け止め、真実を把握したような気分になり、思い上がってはならない。思い上がればそれが仇となり、叡智を得たはずが、逆にウイルスを混入させられたということになってしまう。

 

悩み

 

キリスト教の『7つの大罪』にも、強欲、傲慢、怠惰があるが、全てを得たつもりになって『無知の知』を忘れ、傲慢不遜に陥り、知性を追うことを怠けるような、欲深き人間に成り下がってはならない。

 

あくまでも『無知の知』を理解した上で、知を探究するのだ。ただし、本を本当にたくさん読んでいる人なら、あまりこういうウイルスを混入させられることはないだろう。読んでいるうちに見識が身についてきて、善悪と真偽に対する判断力が養われていく。

 

それはつまり、カナダの公認会計士、キングスレイ・ウォードに言わせてみれば、

『本を一冊読むたびに正しい方向に一歩前進する。』

 

ということなのである。

 

本を読んでそれをただ真に受けるような人は、まだ『本を読んでいない』のかもしれない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

孟子『本を読んで、それを真に受けるだけなら、読まない方がいい。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人間はだれでも他人の不幸を見過ごせない同情心がある。』

 

『智恵ありといえども、勢いに乗ずるにしかず。』

 

『人のわずらいは、好んで人の師となるにあり。』

 

『力をもって人を服するのは、心から服するにあらず。徳をもって人を服するは、喜んで真に服するものなり。』

 

『道は近きにあり、然るにこれを遠きに求む。』

 

『至誠を尽くされれば、この世に心が動かない者など、いないのだ。』

 

『自らがねじれている人間が、他人をまっすぐにできるなどとは、聞いたこともない。』

 

『私は人生を愛し、正義をも愛する。しかし、その両者をともに持つことはできぬとしたら、人生を放棄して、正義を選ぶであろう。』

 



↑ PAGE TOP