名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >  >

 

ドストエフスキー 名言/格言(4ページ目)

 

 

『太陽におなりなさい。そうすれば、誰もがあなたを仰ぎ見ることでしょう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

そして、もし自分が仰ぎ見られないということであれば、太陽になることが出来ていないということになる。太陽というのは、当然あの惑星のことではない。あの惑星になれる人間などいない。というか、人間は人間にしかなれない。

>>続きを見る

 

『恋の悩みや嫉妬はすべて退屈のなせるわざなのだ。惰性に押し潰されたのだ。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

私のこと一つ考えただけでも、その事実は裏打ちされることになる。私は今、全く恋の悩みや嫉妬とは無縁の生活を送っている。そういう生活がもう10年近く経とうとしている。その一つの理由としてまず挙げられるのは、『起業』したからだ。

>>続きを見る

 

『僕は人類全体の苦痛の前に頭を下げたのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えばこれを、『人類全体に共通する、避けて通れない苦痛』がある、と解釈するのであれば、話はすぐに終わる。

>>続きを見る

 

『僕だけが恥辱の中で暮らし、一人であらゆるものを汚し、美にも栄光にも全く気づかずにいたのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『そうだ、僕のまわりには小鳥だの、木々だの、草原だの、大空だのと、こんなにも神の栄光があふれていたのに、僕だけが恥辱の中で暮らし、一人であらゆるものを汚し、美にも栄光にも全く気づかずにいたのだ。』

>>続きを見る

 

『愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。』

 

カテゴリー:自己/精神

ドストエフスキーはこうも言い、『一般的に言って、苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである。』

>>続きを見る

 

『女、女こそ男を完成させる唯一のものである。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

だとしたら、『男、男こそ女を完成させる唯一のもの』でもある。男と女は、凸凹の図の通り。同じ種類でも形が違い、どちらか一方では不完全だ。それが一つになって完全体となり、新しい生命を宿すことが出来るのだ。

>>続きを見る

 

『人間というものは時として、何にそそのかされて我を押し通すのか、自分でも分からぬことがあるものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

注目したいのは、なぜ親鸞は弟子の唯円に、このようなことを言ったのかということだ。全容は全て記事に書いたが、一部を抜粋する。

>>続きを見る

 

『他人のために自分を忘れること、そうすればその人たちはあなたを思い出してくれます。』

 

カテゴリー:自己/精神

『他人の為に自分を忘れる心』のことを『没我心』と言う。没我心があれば、なぜ人の心に残るかというと、そういう人はあまりいないからだ。珍しいのである。普通、珍しい光景は、人の目を惹きつけ、印象に残る。

>>続きを見る

 

『善い人とは、強い人たちのことではなく、誠実な人たちのことである。』

 

カテゴリー:自己/精神

つまり『善い人』の命は、短命になる確率が高い。何しろ、目の前で人が死にそうになっているのを、見て見ぬフリが出来ない。

>>続きを見る

 

『人間は卑劣漢として生きることができないのみならず、卑劣漢として死ぬこともできない。人間は清らかに死なねばならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

卑劣漢というのは、最低最悪のクズという意味だ。人間の風上にも置けない、常識では考えられない狂人のことである。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


↑ PAGE TOP