名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

シェークスピア『臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。』

シェイクスピア


イングランド作家 シェイクスピア画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


モンテーニュは、

『賢者は、生きられるだけ生きるのではなく、生きなければいけないだけ生きる。』

 

と言ったが、シェイクスピアの言葉と合わせて紐解くと、

 

『生きられるだけ生きようとして、何度も死んだ臆病者』

 

と、

 

『自分の人生はたった一度しかないと悟り、命を貫いた人』

 

という二通りの人物像が垣間見えてくる。つまりそこに『意志』があるかないかだ。

 

ルソーは言った。

『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』

 

マキャベリは言った。

『運命は我々の行為の半分を支配し、他の半分を我々自身にゆだねる。』

 

我々人間が『勇者と臆病者』に分けられるのではない。『我々一人一人の中に、勇者と臆病者の両面が棲んでいる』のだ。『意志』を貫けば誰でも『勇者』になり、『意志』を押し殺せば誰でも『臆病者』になる。

 

しかし、本当に『一度しか死なない勇者』はいないだろう。誰にでも精神未熟な幼少時代がある。その時代に臆病に自分を支配されなかった人間は皆無に等しいのだ。生まれたときから精神が完熟していない限り、そうしたことはあり得ない。誰もが一度は死ぬ経験をして、そこから這い上がり、強くなっていくのだ。

 

這い上がり

 

しかし、もちろんシェイクスピアの言っている意味は分かる。そして最終的には我々はどうせ死ぬのだ。さて、その『意志』をどうする?

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

シェークスピア『臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。』

 

『友情は不変といってよいが色と恋が絡めば話は別になる。』

 

『共感は全世界の人間を親族にする。』

 

『何でも起きるがよい。時はどんな荒れた日でも過ぎてゆく。』

 

『剣で殴りつけるよりも、笑顔で脅かすがよい。』

 

『ことごとくの雲が嵐をなすというわけではない。』

 

『人の言葉は善意にとれ。その方が5倍も賢い。』

 

『他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷はいやされなくても、気は楽になる。』

 

『行ってしまって、それで事が済むならば、早くやってしまった方がいいだろう。』

 

『一つの顔は神が与えてくださった。もう一つの顔は自分で造るのだ。』

 

『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』

 

『今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。』

 

『心も歓喜と快活に保つがよい。そうすれば百害を防ぎ、寿命をのばす。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP