Contents|目次

シェイクスピア『人間、捨てるべき命について何がわかっている?それを少し早く捨てたとして、どうというのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『前兆など気にしてどうなる。雀一羽落ちるのも神の摂理。もしいまならば、あとには来ない。いまでなくとも、いつかは来る。あとで来るならば、いまくるだろう。肝心なのは覚悟だ。人間、捨てるべき命について何がわかっている?それを少し早く捨てたとして、どうというのだ。』

 

 

『捨てるべき命について、何がわかっている?』というフレーズは、久々に衝撃的だった。

 

 

この記事にも書いた。我々は、『その方向』に向くとき確かに、物事を一元的にしか見ない。自分が強いられている環境が、この世のすべてだと思い、それを信じ込み、真実を歪めてしまうのだ。もちろん、その環境のせいでもある。ろくに調べもせずに言われてしまうと、(お前の俺の何がわかる)と、力強く心で言い捨てたくなるだろう。だが、『環境のせいにしない』人もいるのだ。もう、そういう人がいるだけで、『答え』の方は出ている。後は、自分の心を整えるだけだ。

 

私も、やろうと思えば、『30年間親に強要され続けたキリスト教』を粒立てて、しかも『その事実を隠蔽、捏造し、責任転嫁した』事実に対し、『精神的虐待を受けた』と泣き叫び、気を狂わせたり、あるいは親を殺害することが出来る。

 

殺

 

だが、私はそれをやらない。決して。ということは、世の中に歩くべき道と、歩くべきではない道が確かに存在し、私は『それ』に気づいているということだ。それを『愛』とも『真理』とも『神』とも言うのだろうが、とにかく、自分がヨロヨロになって道を踏み外しそうになったら、そんな力を『松葉杖』の様に使いこなしながら、(それでも、自分が歩けるだけの道を、ひた歩くべきだ)と、そういう心の声が、心底の深層部から、聴こえてくるのである。

 

自分が命を捨てようと思ったとき、『本当は生きたかった命』の事を思い出す余裕はないだろう。だが、頭に焼き付けたい。我々はいずれ必ず死ぬのだ。しかし、だからといってそれが、くよくよと下を向く理由にはならない。

 

ドイツの小説家、トーマス・マンは言った。

 

繊細で、一瞬で、儚く、脆いからこそ、我々は、尊いのだ。その尊き命を、無駄にしてはならない。命を使い切る。それが全ての生命の、使命なのである。

 

命

 

最善は、その命を、自分がそれまで生きて来たまでに食べて来た食事や、飲んできた飲み物を飲んでもらう為、あるいは、見てきたわずかでも綺麗な景色を見せるために、子々孫々へと繋いでいくべきなのである。動物の中には、出産した瞬間に命を落とす生物がいる。その動物は、どういうつもりで命を託したと思うだろうか。命懸けで行われる『命のリレー』を、我々は、全力で走り、そして、次にバトンを渡すべきなのである。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

大塚陸穀『常に危機感を持ち続けるとともに、サクセスストーリーを作ることが大切だと思います。サクセスストーリーは次の変革を推進するバネになるからです。』 ヘロドトス『人間の運命は、自分の魂の中にある。』 エドワード.F.ベンソン『自分自身に正直であることはなんと困難なことだろう。他人に正直である方がはるかにやさしい。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

シェイクスピアの名言・格言一覧