名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


しかし、生活に活用しない学問など、実際のところはあまりない。物を数えているときに算数を用いている様に、言葉を喋り、文章を書くときに、国語の授業を受けた事実を基にしている様に、無意識に生活で活用しているはずだ。

 

但し、新渡戸稲造が、

『武士道は知識を重んじるものではない。重んずるものは行動である。』

 

と言ったように、知識だけあって、それを活用して行動しないということであれば、それは単なるでくの坊と同じになる。買ったはいいが、手も触れられないで放置された、パソコンと同じである。それらは使いこなして初めて、価値を発揮するのだ。

 

 

また、中国の王陽明が『知行合一』と言ったが、その意味は、『知っていても、行動に移さなければ、それは『知っている』ことにはならないということであり、ここに出た彼らの意見は一致している。

 

また違うシーンでは、医者が、人の命を救うために全てを注いで勉強してきて、ようやく医者になれたと思ったのに『救えない命』を見た時や、弁護士が、正義を守りたくて死に物狂いで勉強して、ようやく弁護士になれたと思ったのに『貫けない正義』に直面した時も、(何のために今までやってきたのか)と自問することがある。

 

知行合一のそれとは意味が違うが、こういうケースの場合でも、(今まで何もやってこなかったのと同じじゃないか)と思うのが人間である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

福沢諭吉『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

 

『人生、万事、小児の戯れ。』

 

『人間は、ただ一身一家の衣食が足りていることで満足してはいけない。』

 

『どんなに貧しく賤しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。』

 

『人間の感情は、活動に自由がなければ、どうしても他人を怨望することになるのです。』

 

『話し方や容貌も心の働きですから、これをいい加減にしていては上達するわけがありません。』

 

『学問に志す者は、学ばなくてはなりません。信じるべきか疑うべきか思い惑っているのではなく、まず学んでみることです。』

 

『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

 

『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

 

『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

 

『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

 



↑ PAGE TOP