名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


たしかに、モンテスキューもこう言ったが、

『自由とは、法の許す限りにおいて行動する権利である。』

 

彼らの言葉はとても傾聴に値する。まずはその通りだ。だが、その後にこの記事を見たい。

 

ルフィ『支配なんかしねぇよ この海で一番自由な奴が海賊王だ!!』

 

ルフィ『生きたいと言えぇ!!』 ロビン『生ぎたいっ!!!!』

 

要は、『迷惑をかけていない』と思っていても、相手が(迷惑だ)と思ってしまえば、この話は終わりになってしまうのである。

 

例えば、競合会社や、ライバルはどうだ。彼らの中には、その相手が自由奔放に突き進み、自由闊達に楽しんで躍進することを、快く思わない者がいる。椅子取りゲームのような常識が根付いている芸能界で考えてもそうだ。

 

しかし、だからといって彼らの活躍が『我が儘』になるのだろうか。

 

いや、ならない。

 

だとしたら、冒頭に貼ったルフィの記事に、極めて注目が集まる。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『命を使い切る』ということは、無理をすることでも、無茶をすることでもない。自分に与えられた天分を100%全うするということなのである。』

 

 

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『ダイバーシティ(多様性)があるのは良い。だが、個々各人の主体性が真理に則って成り立つ場合のみ、そこにダイバーシティがある。』

 

黄金律

『人間には心がある。心があるから人間なのだ。』

 

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

 

 

福沢諭吉『自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

 

『人生、万事、小児の戯れ。』

 

『人間は、ただ一身一家の衣食が足りていることで満足してはいけない。』

 

『どんなに貧しく賤しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。』

 

『人間の感情は、活動に自由がなければ、どうしても他人を怨望することになるのです。』

 

『所詮、世の中の出来事は生き物と同じで、その動きを前もって予測することは不可能です。ですから、賢明な人であっても、案外愚かな失敗をする者が多いのです。』

 

『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』

 

『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

 

『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

 

『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

 

『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

 



↑ PAGE TOP