名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ドストエフスキー『金は鋳造された自由である。』

ドストエフスキー


ロシア作家 ドストエフスキー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


つまり、『自然発生』したのではなく、『人為的』であるということだ。

 

ドストエフスキーはこうも言った。

『もちろん金は絶対的な力である。と同時に、平等の極致でもある。金の持つ偉大な力は、まさにそこにあるのだ。金はすべての不平等を平等にする。』

 

『金こそは、取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。』

 

フランスの哲学者、ルソーは、

『自然はけっして我々を欺かない。我々自身を欺くのは、つねに我々である。』

 

と言ったが、ルソーが書いた自身の著書『人間不平等起源論』の文中にはこうある。

 

---------▼

 

「人間が一人でできる仕事(中略)に専念しているかぎり、人間の本性によって可能なかぎり自由で、健康で、善良で、幸福に生き、

 

(中略)

 

しかし、一人の人間がほかの人間の助けを必要とし、たった一人のために二人分の蓄えをもつことが有益だと気がつくとすぐに、平等は消え去り、私有が導入され、労働が必要となり、

 

(中略)

 

奴隷状態と悲惨とが芽ばえ、成長するのが見られたのであった」

 

 

---------▲

 

つまりルソーは、『人間は元々平等だったが、 その平等さを追い求めた結果、『不自然な不平等』が起きた』と言う。それが『法律』、『政治』、『家族』、『勤労』といった『社会制度』であり、地位や名誉、そして財産による階級の差異、差別化である。

 

金も含めた一切の社会制度は、全て『人為的』であり、決して『自然』ではない。従って、それによって生まれた権利や、自由という概念は、幻想に過ぎない、なんていう考え方も出来るわけである。

 

わたしも『そっち派』だ。ある日私は、80歳を超えた祖母が、怪我をして入院したというので、東京から長野の病院まで、自身が経営する会社の仕事の合間を縫って、お見舞いに行った。

 

すると、『仕事の合間を縫って忙しい中わざわざ見舞いに行った私』よりも、『金銭が発生していて、数年後はもう祖母のことなどすっかり忘れているはずの、社交辞令を律儀に行う若い医者』を高く評価し、社交辞令を最低限しか行わない私のことを、『礼儀知らず』の人間だと評価した祖母と、私がやり取りをした内容は、こうだ。

 

『何で働かなければいけないかってことだよね。』

 

祖母『そんなの、働かなきゃだめに決まってるじゃん!』

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ドストエフスキー『金は鋳造された自由である。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない』

 

『人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。』

 

『人生は苦痛であり恐怖である。だから人間は不幸なのだ。だが今では人間は人生を愛している。それは苦痛と恐怖を愛するからだ。』

 

『人間として最大の美徳は、上手に金をかき集めることである。つまり、どんなことがあっても他人の厄介になるなということだ。』

 

『金を持っている人間は、貧乏人がその儚い運命を訴えることを聞くのが大嫌いである。』

 

『金こそは、取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。』

 

『一般的に言って、苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである。』

 

『人間的なあつかいをすれば、神の似姿などとうの昔に消えてしまったような人をさえ、人間にすることができる。』

 

『苦しむこともまた才能の一つである。』

 

『絶望の中にも焼け付くように強烈な快感があるものだ。ことに自分の進退窮まった惨めな境遇を痛切に意識するときなどはなおさらである。』

 

『感情は絶対的である。そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である。』

 



↑ PAGE TOP