名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

カエサル『学習より創造である。創造こそ生の本質なのだ。』

カエサル


共和政ローマ政治家 カエサル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


オーストリアの詩人、リルケはこう言い、

『およそ芸術家であることは、計算したり数えたりしないということです。』

 

天才芸術家、岡本太郎は言った。

『芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。』

 

ここで出ている言葉を総括すると、見えて来るのは『固定観念、既成概念(常識)を疑え』という事実。『学習』とは、人為的なものである。

 

 

例えば、この学習能力が低い人間は、サヴァン症候群の様な病を持った人間が、ある分野でずば抜けた能力を発揮することがあるが、彼らを見ていると、彼らが大事にしているのは、カエサルの言うように、学習よりも、生の本質である。

 

それに『学習<生の本質』であれば、その図式は普遍的に当てはまる。偏っていない。それに、そもそもその『人為的なもの』の正確性は怪しい。

 

人為的なもの、出揃っている意見、多数決の不確実性。これについては、

 

ソクラテス

ソクラテス


そして、キリストが処刑されたこと、

キリスト

 

この2つ以上にそれを裏打ちする話はないだろう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

カエサル『学習より創造である。創造こそ生の本質なのだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『人間はみな自分の見たいものしか見ようとしない。』

 

『我はローマ人の間にて第二位になるより、ここの人々の間にて第一位になることを欲する。』

 

『率先して死のうとする男を見つけ出すのは、忍耐をもって苦痛に耐えようとしている男を発見するより容易である。』

 

『何かを生み出す行動でなければ、行動とは言えない。』

 

『指示を与える者には責任があり、指示を受ける者には義務がある。』

 

『賽(さい)は投げられた。』

 

『私は助言を愛す、しかし助言者を憎む。』

 

『始めたときは、それがどれほど善意から発したことであったとしても、時が経てば、そうではなくなる。』

 

『予測されるけれども目に見えない危険は、人の心を最もかき乱す。』

 



↑ PAGE TOP