名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

武田信玄『我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。』

武田信玄


日本武将 武田信玄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


業(わざ)である。人と、その人がもつ技術を分けて考える。こういう発想は、どういう考え方から生まれるだろうか。

 

現商船三井創業者、山下亀三郎は言う。

『人を使おうと思えば、自分があまりものを知っていてはいけない。』

 

そこに書いたが、ナポレオン・ヒルの著書、『思考は現実化する』にはこうある。

 

-------------▼

 

『二つ以上の頭脳が調和のとれた協力をするとき、一つの頭脳よりもはるかに大きなエネルギーを生み出すことが出来る。』

 

(中略)

 

ヘンリー・フォード が、資本もなく、無学で、無知というハンディキャップを背負いながら事業を始めたことは、よく知られた事実である。それがわずか10年という信じられないほどの短期間で、彼はこれら三つのハンディキャップを克服し、25年間で米国最大の富豪になったことも良く知られていることだ。

 

 

(中略)

 

事業を経営している人なら、従業員を一緒に働かせることの難しさを知っているはずだ。他人同士の調和ほど難しいものはない。このエネルギーを手に入れることの出来る源泉の中で、最も重要なのは第一番にあげられていた『無限の知性』である。

 

※無限の知性…私たちはヒラメキによって知恵なり知識なりを得ることが出来る。

 

-------------▲

 

まず考え付くのは、こういう『マスターマインド』的な発想である。

 

マスターマインドとは、自分にはない能力(マインド)を持つスペシャリストを集め、最強のチームを創ることで、長所を最大限に引き上げ、短所を補い合う。こういう能力の最大化における、戦略の一つである。

 

 

武田信玄が、そういう発想の下にこの発言をしたのであれば、実に冷静沈着な戦略家であり、知略家。

 

『自分にその業が備わっているなら、別にお前らは必要ない。』

 

と捉えることも出来る、いかにも人の上に立つ、主体的な人間の考え方が垣間見えるのである。

 

また、違う見解も出来る。『部下をこき使うな。』という、人材への配慮である。ジンザイ(人材、人罪、人財)、つまりそもそも、『人財』だと思っているのだ。

 

駒でも奴隷でも道具でもない。『そなたの能力を買っているのだ。』という、身分を超えた人物への正当な評価が、この言葉からは垣間見えるのである。

 

『人を憎まず行いを憎む』という言葉があるが、人物そのものと、それが捻出する事象は別物である。そういう視点があれば、人を公明正大に評価することは容易になる。どちらにせよ、世界を見る目が卓越している。それがこの、武田信玄、その人である。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

 

 

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

黄金律

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

黄金律

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

 

 

 

武田信玄『我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。馬鹿、利口、臆病、そして四番目は強すぎる大将なり。』

 

『もう一押しこそ慎重になれ。』

 

『負けることのない戦いに負け、滅ぶことのない家が滅ぶのを、人はみな、天命と言っている。自分は天命とは思わず、みなそのやり方が悪いためであると思う。』

 

『成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき。』

 

『渋柿を切って甘柿を継ぐのは小心者のすることだ。国持ち大名にあっては、渋柿は渋柿として役に立つものだ。』

 

『およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。』

 

『100人のうち99人に誉められる者は、決していい人物ではない。』

 

『三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。』

 

『組織はまず管理者が自分を管理せよ。』

 



↑ PAGE TOP