『後悔したくない方』はこちら

武田信玄『我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。馬鹿、利口、臆病、そして四番目は強すぎる大将なり。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

いくら仕事が出来たところで、人から支持されなければリーダーとは言えない。戦国時代も同じだった。『取締役になれる人、部課長で終わる人』には、武田信玄についてこう書いてある。

 

武田信玄は、リーダーの失格者をこう言っている。

『我が国を滅ぼし、我が家を破る大将、四人まします。第一番は馬鹿なる大将、 第二番は利口すぎたる大将、第三番は臆病なる大将、第四番は強すぎたる大将なり』

 

その信玄の言葉通り、武田家は勝頼という『強すぎたる大将』によって滅びている。勝頼は、蛮勇といえるほど『強い』ことを意識する大将だった。『戦に勝つ』ことを至上の問題と考え、家臣の気持ちや領民のことは二の次であった。長篠の戦に敗れ、家臣も領民も疲弊しているのに、甲府に城を築くと言うような無茶をした。これでは領民の支援を得られるはずがない。それどころか、あまりに一方的な大将の在り方に、家臣の支持も失われてしまった。

 

一方的

 

その結果、天目山の戦いで敗れ、重臣のひとりである小山田信茂の裏切りもあって、悲劇的な最後を招来してしまうのである。武田家が滅びた後、甲斐の領民たちは武田の残党狩りに血眼になったと言われている。ここまで嫌われてしまえば、武田が滅亡するのも当たり前という気がする。武田勝頼の最後は『人望』を失ったリーダーの厳しさを物語っている。

 

 

天才軍師の周瑜は言った。

 

とにかくリーダーというものは、『人』よりも重視するものがあってはならないということだ。それは同時に『真理(愛)』を重視することを意味する。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』 『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

同じ人物の名言一覧

武田信玄の名言・格言一覧