名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

山下亀三郎『人を使おうと思えば、自分があまりものを知っていてはいけない。』

山下亀三郎


日本実業家 山下亀三郎画像


ナポレオン・ヒル の著書、『思考は現実化する』にはこうある。

 

-------------▼

 

『二つ以上の頭脳が調和のとれた協力をするとき、一つの頭脳よりもはるかに大きなエネルギーを生み出すことが出来る。』

 

(中略)

 

ヘンリー・フォード が、資本もなく、無学で、無知というハンディキャップを背負いながら事業を始めたことは、よく知られた事実である。

 

それがわずか10年という信じられないほどの短期間で、彼はこれら三つのハンディキャップを克服し、25年間で米国最大の富豪になったことも良く知られていることだ。

 

 

(中略)

 

事業を経営している人なら、従業員を一緒に働かせることの難しさを知っているはずだ。他人同士の調和ほど難しいものはない。このエネルギーを手に入れることの出来る源泉の中で、最も重要なのは第一番にあげられていた『無限の知性』である。

 

※無限の知性…私たちはヒラメキによって知恵なり知識なりを得ることが出来る。

 

-------------▲

 

自分が全てをやる必要はないのだ。逆に自分一人で全てをやってしまうスーパーマンがいると、その他の能力を持った人たちがそれに特化して能力を発揮する機会を失う。

 

それぞれの分野のプロ達が集結し、それによって『効用の最大化』を狙う。これこそが『力の顕在化』における重要な要素である。

 

 

経営の神、松下幸之助は言う。

『私は部下に大いに働いてもらうコツの一つは、部下が働こうとするのを、邪魔しないようにするということだと思います。』

 

孔子の言葉の超訳としても、

『適材適所がある。弓使いが前線に居ても使い物にならないだろう。』

 

と書いたが、最強のチームとは、それぞれが持てる能力(個性)をいかんなく発揮し、それでいて、それらの調和が取れている状態を維持する集合体だ。

 

 

 

関連リンク:『凡才の集団は孤高の天才に勝る』、ルフィ『おれは助けてもらわねぇと生きていけねぇ自信がある!!!』

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

 

 

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

黄金律

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

黄金律

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

 

 

 

山下亀三郎『人を使おうと思えば、自分があまりものを知っていてはいけない。』


 



↑ PAGE TOP