『後悔したくない方』はこちら

武田信玄『およそ戦というものは、五分をもって上とし、七分を中とし、十分をもって下とす。五分は励みを生じ、七分は怠りが生じ、十分は驕りを生ず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『半分のコップ』を、『もう半分しかない』と思うか、『まだ半分ある』と思うか。こういう考え方の違いに、人は目を向けることがある。それと同じように、『ハングリー精神』とは、その『半分のコップ』の原理を逆手にとって、

 

(まだ足りない、まだまだだ)

 

と言い聞かせることによって、鼓舞し、奮起させ、エネルギー源を捻出する心だ。下記のメーターのようなものを想像し、自分が今はまだ『赤いところにいる』と自覚する。

 

 

あえて『枯渇』させるのだ。そして、渇いたスポンジが水を吸収するあの力を捻出する。ましてや、思い上がって傲慢不遜に陥ることは、『もうそれ以上水は吸収できない。潤うことはない。』と宣言するようなものだ。『勝って兜の緒を締めよ』。勝利の美酒に酔いしれ、意識が酩酊している時に奇襲にあって命を落としたら、本末転倒である。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧

武田信玄の名言・格言一覧