『ヒト』を最適化しよう。

トルストイ『悔恨がないのは、前進がないからである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

確かに、『反省をしない人』を思い浮かべた時『タモリ』が浮かんだわけだが、彼のモットーは『前進』ではなく『現状維持』だった。現状維持といっても、時速20kmで走る船の舵取りを維持するのと、時速400kmで走る船の舵取りを維持するのとでは、受ける精神的な負担がまるで比にならない。

 

北野武も、

 

と言ったが、『第一線を現状維持』することは、多くの人が思っているほど容易なことではないのだ。さて、『悔恨』というのは、過去を後悔して悩む、ということだが、そこには『無知の知』の悟りがあるということになる。

 

ソクラテスは言った。

ソクラテス

 

分の無知に恥を覚え、それを悔しいと思う。それは例えば、こんなメーターで考えた時にわかりやすいが、

 

 

自分は『左』だと思っていた。しかし、実際は『右』だったのだ。それを知った時、恥を覚え、(絶対に左になってやる!)と念じることで、人は、このメーターのゲージが、上昇するのである。それはトルストイの言う『前進』だ。現状維持をすること、前進すること、その両方を最適な形で使いこなすことで、人間は、自身の捻出するエネルギーのコントロールを、可能にする。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』

同じ人物の名言一覧

トルストイの名言・格言一覧