名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

スピノザ『幸福は徳の褒賞ではなくて、徳そのものである。』

スピノザ


オランダ哲学者 スピノザ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


短編小説の名手、オー・ヘンリーは言う。

『人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。この世でどれだけの価値のあることをするかである。』

 

あるいはソクラテスは、

『いかに多くの富を有するか、自慢する者が居ても、いかに使うが分かるまで、彼を、誉めてはならない。』

 

と言った。これはつまり、スピノザの言う様に『徳そのものに価値がある』ことを意味していて、『その褒章や勲章、地位、名誉、財産』という『後付け』には、価値があるわけではないということを裏打ちしている。

 

財産

 

ドストエフスキーは言った。

『コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない』

 

あるいは、吉川栄治ならこうだ。

『登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある。』

 

早く登頂したい?とんでもない。我々の人生のハイライトは、『今』だ。

 

例えば私の祖母は今、死期を待って静かに過ごしている。つい数年前までは、社長夫人として生きてきた自分の人生を過信し、傲慢不遜な立ち居振る舞いを示すこともあった彼女が、今はただ、ひっそりと気温や体の節々の不調に抗いながら、生きながらえている。

 

彼女は自分の家を売り、娘である私の母親の家、つまり私の実家に引っ越しをするとき、私がその家の不用品の処分を手伝ったが、こうつぶやいていた。

 

『いいよこれもいいよ、捨てていいよ。私はもう終わりだ…。

 

そのような発言を孫の前でわざわざ言う必要はない。だが言った。そこには、どんな心理が働いているだろうか。

 

孫

 

死期を迎えた人は知っている。死んだら天国に、お金は持っていけないということを。そして、死んだらずっと前に死んだ、あの人やこの人に会えるとは限らないということを。天国があることすら、確実ではないのだから。

 

私の祖母はクリスチャンだ。『天国』というキーワードに敏感である。しかし、本当のところはどうだろうか。心底から、粉みじんも疑うことなく、その信仰に敬虔でいられているだろうか。

 

それは、長い間そばで見ている私がよくわかっている。詳しいことなら下記の記事に書いた。

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

 

手に入れたものは、いずれ必ずその手から離れていく。それは自分のこの命が有限だからであり、形あるものはいずれ滅びる運命だからだ。

 

だが、夏の夜空に打ちあがる大花火は、どうしてあんなにも人の心を動かすのだろうか。我々は花火だ。儚い運命を尊い人生に変える、誇り高き命だ。

 

花火

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク
『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

スピノザ『幸福は徳の褒賞ではなくて、徳そのものである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『自分にできないと考えている間は、本当はそれをやりたくないと心に決めているのだ。だからそれは実行されはしない。』

 

『感情のままに左右される人間は、自分自身の主人ではなく、偶然の力に支配される。』

 

『自分を卑下することは、自分を他人より劣ると信じる間違った考えから生まれる悲しみである。』

 

『ひとつのものが同時に善であったり悪であったり、そのいずれでもなかったりすることがある。たとえば、音楽は憂鬱な人には善であるが、喪に服している人には悪であり、耳の聞こえない人にとっては善でもなく悪でもない。』

 

『人があれもこれも成しうると考える限り、何も成しうる決心がつかない。』

 

『神を畏れるは知識の始めである』

 

『すべての実態は必然的に無限である』

 

『平和は戦争を免れることにあるのではなく、考え方の一致、融和にある』

 

『すべて存在するものは神の裡にあり、神なくしては何者も存在しえず、また理解もされない』

 

『賢人の仕事は、いかに死ぬかではなく、いかに生きるかにある。』

 

『運命とは、受け入れるべきものではない、それは自ら選び創り出すものだ。』

 

『生活は生命の瞑想であって、死の瞑想ではない。賢者が問題を考えるなかで、死を考える時間はもっとも少ない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP