名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

福沢諭吉『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

福沢諭吉


日本武士 福沢諭吉画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


福沢諭吉の他の言葉を見ても、

『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

彼はとにかく達観していて、『達人』の名にも恥じない人間だとわかる。

 

思い悩むことは『必要』だ。だが、『重要』なのは、人生だ。

 

そういう訴えが、彼の言葉からひしひしと伝わってくるのである。

 

人生

 

『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』

 

『世を軽く見る』というのは、何も『人生を舐め腐れ』という意味ではない。それはその次の言葉である『熱心になりすぎるな』という言葉からも読み取れるはずである。

 

もし『人生を舐め腐れ』という意味で言っているのであれば、次にくる言葉は『熱心になる必要がない』というものになる。しかしあるのは『なりすぎるな』ということで、『何事もやりすぎはよくない』というニュアンスが込められているということが見えてくるのである。

 

松岡修造は言った。

『「真剣」であっても、「深刻」にはなるな。』

 

彼らの意見は一致しているということだ。

 

一致

 

また、芥川龍之介は、

『最も賢い処世術は社会的因襲を軽蔑しながら、しかも社会的因襲と矛盾せぬ生活をすることである。』

 

と言ったが、これも福沢諭吉のこの言葉と近い的を射ている。『世を軽く見る』、『社会的因襲を軽蔑する』、この言葉は二つとも、世間にどっぷりとつかって依存している人間を、そこから『引き剥がす』為に有効な言葉である。

 

そう考えると見えてくるのは、下記の黄金律である。

 

赤ん坊

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。

 

世間や社会というのは『人』であり、その人の評価に依存していると、真実を見誤り、自分を見失い、命を浪費する結果になると示唆しているのである。

 

協調性があるのはいい。だが、協調と同調は違う。流行を追うのはいい。だが、追従してばかりいる人生は、命の浪費である。そのことを肝に銘じて、自分にしか歩けない人生を歩くのが、人の持つべき心がけである。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

31.『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。

心が常に愉快であることは、至極の宝である。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

福沢諭吉『人間の心がけは、とかく世を軽く見て、熱心に過ぎざるにあり。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『猿に見せるつもりでかけ。おれなどはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。』

 

『あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。』

 

『人望は、力量によって得られるものではありません。また、財産をたくさん持っているということで得られるものでもありません。その人の才能と知恵の活発な働きと正直な道徳心によって、徐々に得られるものなのです。』

 

『事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。』

 

『仕事というのは、偶然できるものではありません。善い事も悪い事も、すべて人間のこれをやろうという意思があってこそできるのです。』

 

『自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。』

 

『所詮、世の中の出来事は生き物と同じで、その動きを前もって予測することは不可能です。ですから、賢明な人であっても、案外愚かな失敗をする者が多いのです。』

 

『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』

 

『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

 

『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

 

『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

 

『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

 



↑ PAGE TOP