名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

トルストイ『どんなに仲のよい、美しい打ちとけた関係であっても、相手の気に入ることを言ったり、賞賛したりするのは、車輪の進行に必要なように、是非なくてはならないものである。』

トルストイ


ロシア作家 トルストイ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『親しき中にも礼儀あり』。

 

あるいは、伊達政宗は、

『朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし。』

 

と言ったが、食事を作った物に対し、店先では代金を払うくせに、家ではそれをしない。

 

それならば、『ごちそうさまでした』と一言声をかけるのは、彼・彼女に対する『お代金』だということを知るべきである。『社交辞令』となると私は同意するつもりはないが、しかしそれも同じ線の上にある話である。

 

『礼儀』とは、まるで『潤滑油』。そもそも、我々の個性という歯車は、同じ形ではないのだ。それらをうまくかみ合わせるための潤滑油の重要さを知れば、多くの問題が解決するだろう。

 

潤滑油

 

映画『ビューティフル・マインド』は、ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描く物語だが、このジョン・ナッシュは気難しい性格で、学校の寮で同じ部屋になった人物と、最初なかなか意思疎通ができなかった。

 

そこで社交的で強引な『寮友』が、

『互いに噛み合わない時は潤滑油がある。』

 

と言って、ジョンに酒を見せつけ、酒で彼らの噛み合わなかった歯車を噛み合わせた。(なぜ『寮友』として強調して書いたかは映画を観てのお楽しみにしたい。まあこの場合、『お楽しみ』というのも適切な表現ではないかもしれないが。)

 

酒

 

  • 社交辞令
  • 賞賛
  • 礼儀
  • 名刺
  • お金
  •  

    人間は、上記のようなものをちらつかせられたとき、態度を変える生き物である。名刺というのは、例えば誰かからの紹介だとか、どれだけの地位にいるかということを伝えるために役立つ手段だ。お金については説明不要だろう。

     

    例えば、外国ではチップを用意するかしないかで、自分の思い通りになる確率に差が出てくる。口を割らない人間も、チップを出せば口を割り、欲しい情報を提供することがある。

     

    このようにして、『車輪の進行』に必要な『潤滑油』とは、持っているのといないのとでは、この旅の快適さに大きな違いが出てきてしまうだろう。

     

    デール・カーネギーは言った。

    『およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということを、よく心得ておかねばならない。』

     

    潤滑油を使わずに強引に自分の歯車の形を押し込めば、きしむ。もし、その時に感じる嫌な音を聞きたくないのであれば、何かしらの潤滑油を持ち歩くべきだ。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    28.『真の礼儀とは。

    真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    トルストイ『どんなに仲のよい、美しい打ちとけた関係であっても、相手の気に入ることを言ったり、賞賛したりするのは、車輪の進行に必要なように、是非なくてはならないものである。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『女―それは男の活動にとって、大きなつまずきの石である。女に恋しながら何かをするということは困難である。だがここに、恋が妨げにならないたった一つの方法がある。それは恋する女と結婚することである。』

     

    『愛は惜しみなく与う。』

     

    『急いで結婚する必要はない。結婚は果物と違って、いくら遅くても季節はずれになることはない。』

     

    『神は人間に額に汗して働けと命じている。銀行に金を積んで、何もしないで食べていこうとするのは人間の掟に反することだ。』

     

    『幸せを手に入れるためには、クモのように、愛という粘着性のクモの巣をあらゆる方向へ投げ出し、そこに飛び込んでくるすべてを捕らえるのだ。』

     

    『愛は人生に没我を教える。それ故に愛は人間を苦しみから救う。』

     

    『最上の幸福は、一年の終わりにおいて、年頭における自己よりも、良くなったと感ずることである。』

     

    『自分をその人より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。また、その人を自分より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。そうした時、人と生きるのがたやすくなる。』

     

    『もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかったろうし、自分というものを知らなかったろう。』

     

    『額に汗して営々と働かなければ、健康な肉体はあり得ない。また健康な思想も頭脳に沸き得ない。』

     

    『人間の真価は分数のようなものだ。分母は自己の評価、分子は他人による評価である。分母が大きくなるほど、結局、真価は小さくなる。』

     

    『人々が夢中になって騒ぐもの、それを手に入れるために躍起になって奔走するもの、そうしたものは彼らになんの幸福ももたらさない。』

     



    ↑ PAGE TOP