『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『あなたは生きているか?皆と同じ行動をして、なぜそう言い切れるのか。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

デカルトは言う。

 

我々は人生に『反応的』に生きすぎると、『主体性』を失う。つまり、『反応』してしまうだけの人生に甘んじてはならない。時間に反応し、人の意見に反応し、テレビやネットの情報に反応し、電車で発生する重力に反応し、上司の指示に反応し、会社の意向に反応し、反応反応、また反応。そうして出来上がる人間は、人がやっている行動を取って安心し、人が並んでいる場所に並んで充足し、 土日と祝日に行楽日和であれば人生を満喫しようと高揚する。

 

では、その間に飢餓で亡くなっている途上国の子供の命は?人生を主体的に生きなければ、毎日の問題に反応するだけの人生になる。『我思う、故に我あり。』我々は、たった一度の人生を生きているのだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
ヨハネの黙示録 第3章。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧