『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

キリスト『この世は確かに儚い。だが、だからこそ尊いのだ。』(超訳)

キリスト教の礎 イエス・キリスト

内省

私も考えたし、私だけではないだろう。

 

(なぜどうせ死ぬのに、生まれたのだろう。)

 

それについて憂う時代は個人差があっても、皆一度は体験しているはずだ。そう考えてから、ずっと引きずっている人もいるだろう。やったことすべてが水の泡になる。積み上げた経験やトレーニングが全て衰退していく。あれだけ躍起になった金も名声も地位も失う。いわゆる標準の寿命で亡くなる人などまだ良い方で、ときには予期せぬ事態に巻き込まれ、命を落とすこともある。命が失われれば当然、前述したことも全てが水の泡となり消える。

 

そんな事実を目の当たりにして、幾多の人間が憂い、嘆き、悲しんだだろう。思慮の浅さゆえに、取り返しのつかない結果を自ら巻き起こした人間も大勢いる。それについて巻き込まれた無辜(むこ)な命もたくさんある。この世は、この人生は本当に、ただただ儚く、虚しいものなのだろうか。

 

では視点を変えてみよう。年に一度夜空に咲き誇る大花火は、どうしてあんなにも人の心を惹きつけるのだろう。

 

 

それは、『アウラ』だ。アウラとは、『儚いからこそ、価値が出る』という概念。あれがもし儚くなかったら(毎日打ち上げられていたら)、人々は花火に対する価値を落とし、見向きもしなくなる人が増えるだろう。幾多のドラマや映画で『不老不死』について描いたものを見てきたはずだ。彼らに共通していたのは、彼らがどこか無機質な物体に見えたということだ。つまりアウラを感じなかった。

 

ブドウの房には汁が潤い、生命の体内には命が宿る。働いた後に食べる美味しい食事、命がけで登った山の上から見る景色、それでいいのだ。それを楽しむべきなのだ。この世は確かに儚い。だが、それを『虚しい』と取るか、『だからこそ尊い』と取るか、そんな命の選択によって、人の価値も変わるのかもしれない。あなたはどちらの選択肢を取る?

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

聖書
イザヤの書 第65章。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

キリストに関する他の記事

キリスト (Christ)とはどんな人物か キリスト(聖書)の名言・格言一覧