『ヒト』を最適化しよう。

デカルト『我思う、ゆえに我あり。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

考える主体としての自己(精神)とその存在を定式化したこの、「我思う、ゆえに我あり」は、哲学史上でもっとも有名な命題の1つであるとされている。『方法序説』にはこうある。

結局のところ、習慣や実例のほうが、 どんな確実な知識よりも私たちを納得させているが、それにもかかわらず、少しでも発見しにくい真理については、ただ一人の人がそういう真理を見つけ出したという方が、国中の人が見つけ出したと言うより、はるかに誠らしいから、賛成の数が多いからと言って、何一つ価値のある証拠にはならない

 

デカルトは『真理の探究』ということについて、目が肥えていたのである。キリストソクラテスが冤罪で処刑されたように、賛成の数が多いからと言って、何一つ価値のある証拠にはならないのだ。そんなデカルトだからこそこんなことを考えた。

 

『我思う、ゆえに我あり。』

 

事実、コペルニクスの支持者でもあったデカルトは、『コペルニクス的転回』をしたのだ。『コペルニクス的転回』とは”発想法を根本的に変える”ことによって、物事の新しい局面が切り開かれることをいう。

 

(いろいろと考えることがあるが、そもそも、なぜ私は考えているのだろう。)

 

動物や虫や植物や惑星は、考えるだろうか。人間だけが考えるのだろうか。考えるから、人間なのだろうか。考えなければ、人間ではないのだろうか。だとしたら考えることで人は人間になり、あるいは自分が存ることになるということだろうか。

 

考えるから、在る。考えなければ、無い。

 

虚無。空虚。抜け殻。空っぽ。

 

虚無

 

物質や液体、気体の様に、名前もなけれ性別もない。差別もなければ、格差もない。そう考えると、『考える力』というのは、『善いこと』なのだろうか。それとも、『悪いこと』なのだろうか。それが無ければ、ただただ無機質で、白黒の世界で、フラットに生きていたのに。それが有るから、考えたくもない理不尽や格差や、混沌が存在するのだというのに。

 

ドイツの精神科医、ヤスパースがこう言った様に、

 

意志があるからこそ、悪が存在してしまうというのに。

 

だが私は思う。白黒の世界より、色鮮やかな世界の方が、

 

鮮やかな

 

何だか楽しそうだ。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』 『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧

デカルトの名言・格言一覧