『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『怨憎会苦(おんぞうえく)。それすなわち、生きていれば嫌われることも苦しむことも避けられないということ。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

以前の私なら、

(なぜ苦しまなければいけないんだ)

 

と言って被害者ヅラをし、自分の人生が快楽と幸福で包まれる未来以外は、受け入れることが出来なかった。しかし、世を知り人を知ると、次第に自分のその考えが、単なる先進国の甘えたクソガキの考え方だということを知った。

 

途上国や混沌とする地域では、劣悪な環境を強いられている人が大勢いる。しかし、自分はそんなことは露知らず、やれ『俺はプライドが高い』だとか、『意志を尊重してほしい』とか、馬鹿みたいに吠えては、自滅するという無様な生き様を晒していた。本当にプライドが高い人間は、そういう現実から目を逸らさない人間である。勝っていても奢らず、負けていても腐らない。これこそが人間に在るべき精神の姿である。

 

だとすれば、何が『怨憎会苦(避けられない)』だ。そう思わないだろうか。どんと来い。やってみろ。当たり前なんだ、そんなことは。 関係ない。避けるつもりはさらさらないんだ。トレーニングをするときに自分の身体を傷つけるだろう。あれと同じだ。怨憎会苦で結構。それを乗り越えて初めて、人は大きく成長するのだ。

 

だとしたらそれは単なる登竜門。なんてことはない。

(いやだ!)

 

と避けるのではなく、

(かかってこい!)

 

という気持ちが、人のあるべき姿だ。とても高潔な姿だ。『快楽万歳』ではない。『怨憎会苦』の考え方が正解だ。

 

byエレノア・ルーズベルト

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
長部経典『大念処経』。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧