『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

市販と通販のワキガ対策のクリームは何の違いがある?

市販と通販のワキガ対策のクリームは何の違いがある?

市販と通販に今はあまり差はありませんが、この場合の『通販のワキガクリーム』は、よりワキガ対策に特化した商品だと言えますので、そちらの商品の方がワキガに効果があると言えます。

先生

Amazonの登場によって、市販も通販も違いがよくわからなくなったね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

市販も通販も意味はそう変わらないが…

市販と通販のワキガ対策のクリームの違いですが、正直、市販も通販も意味は似たようなものです。例えばAmazonで買えるものは『市販でもあり通販でもある』わけですよね。したがって、このような質問は一昔前に想像されたものであり、ネット通販が当たり前になった今、考え方を少し変える必要があります。

 

 

しかし、『市販のシャンプーの界面活性剤には要注意』 という考え方があります。下記の記事にも書きましたが、

 

 

市販のシャンプーはギラギラした成分が入ってるからやめた方が良いよ。

 

と美容師に言われたことがあります。安価で大量生産ができることから、市販品のほとんどが動物性や植物性の油脂からつくられた界面活性剤を使用してしまっているので、なるべく質の良い界面活性剤が含まれているシャンプー剤が理想的だといいうことなんですね。

 

しかし、薬局やコンビニ等で買えるいわゆる『市販』のシャンプーは、大量販売を目的として売り出されているので、健康面よりも優先順位を高くしているものがあります。それは、

 

  • 保存性
  • 経済性

 

です。売れ残る場合等のことを考えてより保存性が効いて、多くの人に買ってもらえるようい安価にする必要があります。そうなると、やはりその成分の健康性は低くなり、心身に与える影響も無害ではなくなります。

 

 

例えば、『パラベン』等の防腐剤があれば、お風呂場のような湿気の多い細菌の繁殖にはうってつけの空間で、シャンプー剤が腐ることを防いでくれます。しかし、トレードオフですね。防腐に力を入れれば、その強い殺菌効果によって頭皮の常在菌に大きなダメージを与えることになります。しかし、だからといって殺菌剤を使用しなければ保存性が効きません。

 

こういった観点から『市販のもの』を考えると、市販の商品というのはより大勢の人に、安心、安全に、長期間、楽しんで利用してもらえるように工夫がされています。例えば、市販のものに含まれている有害物質には以下のようなものがあります。

 

心身に悪い影響を与えるもの
  • 高脂肪食品
  • 高カロリー食品
  • 食品添加物
  • 人工着色料
  • 調味料
  • 保存料
  • 精白されたもの
  • 防腐剤
  • 殺菌剤
  • etc.

 

安心、安全に、長期間、楽しむ』というところがポイントです。例えば、『美味しい』と感じさせるには、糖質と脂質が含まれたものや、調味料や添加物を使用するといいわけですが、やみつきになる美味しさを提供できる代わりに、健康面には微々たる損傷を与えることになります。

 

『鬱病のための食事と栄養療法』にはこうあります。

食費以外にも家具調度品、その他備品、そして洗剤から化粧品まで、多くの化学製品があります。これらが我々の体内に入って脳の化学物質に影響を与えています。

 

慢性の精神病患者の多くに見られる低血糖症は、植物性たんぱく質を多く含み、精製炭水化物の少ない食事を摂ることを心がけ、ジャンクフードの食事を避けることによって、良い結果が出ます。

 

食品添加物や人工着色料、調味料、そして保存料の使用は、子供の注意欠陥・多動性障(ADHD)と、大人の脳アレルギーの原因になっていますが、より自然な食事に変えればいい結果がすぐに出ます。

 

(中略)精製していない穀物や白米の代わりに、玄米を食べましょう。

 

 

したがって、『何となく自分の欲求を満たしたい』なら、世に出回っている商品や、植え付けられている常識に従い、

 

  • 市販のもの
  • 白米
  • スナック菓子
  • スイーツ
  • ファーストフード
  • 出来合いのもの
  • 肉類

 

等を食べても構いませんが、もし自分に『強く叶えたい欲求』があるとしたら、時にこうした常識に逆らった行動を取らなければなりません。例えば、

 

他の人よりも健康に気を使いたい

薄毛に有効なものを使いたい

ワキガに直接効くものを使いたい

 

という風に、より自分にカスタマイズしたものを求める場合は、市販の『より大勢の人のニーズを満たし、あるいは楽しませる商品』だけでは痒い所に手が届かないことになるでしょう。

 

ですから、『市販と通販のワキガ対策のクリームの違い』という問いの根幹にあるのは、『ワキガに効くのはどういうクリームなの?』ということだということです。そしてその問いの答えはというと、

 

市販でも通販でも、ワキガに特化したものであれば有効であり、そうでないものであれば有効ではない

 

ということになります。

 

先生

市販よりも通販の方が『専門性が高い』っていう印象があるね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 市販でも通販でも、ワキガに特化したものであれば有効であり、そうでないものであれば有効ではない。

ワキガに特化したクリームなら効果を期待できる

例えば、下記の記事でも紹介した、

 

 

『エージーデオ』は非常に優れた商品です。

 

※写真サイズが大きく表示される場合があります

 

しかし、何が非常に優れているかというと、『ワキガが治るから』ということではなく、『汗を止め、汗のニオイを抑制する』ことに優れているのです。したがって、この商品を使えばワキガが治るということではありません。ミョウバン水でも同じことが言えます。

 

 

薬での治療もそうですね。

 

 

これらは全て、『汗を止め、汗のニオイを抑制する』ことはできても、『ワキガを治す』ことはできません。ただもちろん、それができればワキガ臭を放つことは抑制することはできます。ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

STEP.1
アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
 
STEP.2
脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
 
STEP.3
皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
 
STEP.4
エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
 
STEP.5
わき毛にからまりニオイが発散される
 
STEP.6
ワキガ臭が放たれる
 

 

したがって、汗の発生自体を防いでしまえばワキガ臭が作られることも抑制できるので、『ワキガに有効である』と考えることはできます。ただ、『ワキガに効くのはどういうクリームなの?』という問いを考えたとき、以上のような商品よりも、『ワキガに特化したクリーム』であることは明白ですので、そのようなクリームを購入したほうがいいでしょう。

 

どんなものでも体にいいものは多少値がつきます。よくある高級食材などは、『滋養強壮に効く』とされている食材が、平気で数千円したりしますからね。市販の商品は『より大勢の人のニーズを満たし、あるいは楽しませる商品』ですから、値段も安価なものです。そしてそれに伴って品質も妥協しているところがあります。

 

 

多少値が張りますが、品質に妥協していない。そういう商品の方が、『効き目がある』というのは、どんな分野に目を向けても共通している事実です。ただ、youtuberヘキトラハウスのへきほーさんがこのような動画を出しています。

 

Amazonでワキガの治療薬10種類買ってみた


 

ここで紹介されているAmazonで買えるワキガ対策グッズは以下の通りです。

 

dot

 

柿渋デオドラントクリーム

 

デリシャスボディ ローズレメディ

 

クリアネオ

 

Rexona レクソナ

 

Secret

 

ディグリー(Degree) メンズ

 

ダヴ(Dove) 固形デオドラント

 

ラビリン

 

結果をまとめると、それぞれの効果はこうなります。

 

Amazonで買えるワキガ対策グッズのへきほーさん評価

dot ×
柿渋デオドラントクリーム ×
デリシャスボディ ローズレメディ ○(1割残る)
クリアネオ ×
Rexona レクソナ ○(ガチでお勧め)
Secret ×(30秒だけ効いた)
ディグリー(Degree) メンズ ×
ダヴ(Dove) 固形デオドラント
ラビリン ○(白くなるが効果が強い。スーツの下ならかなりお勧め)

 

へきほーさんのワキガには、

 

  • ラビリン
  • Rexona
  • ダヴ(Dove) 固形デオドラント
  • デリシャスボディ ローズレメディ

 

のアイテムがとても有効だったということですね。ワキガにはたくさん種類がありますから、どれが必ず効くということはありません。しかし大きな参考にはなるでしょう。

 

先生

へきほーさんの動画は、消費者にとっては素晴らしい動画で、企業側にとっては戦々恐々だね!
うーむ、本音を語る人の説得力はすごい!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガに特化したクリームなら効果を期待できる。