名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

アウレリウス 名言/格言

アウレリウス

 

マルクス・アウレリウス・アントニヌスとは(画像

ローマ帝国皇帝。生誕紀元前121年

 

 

スポンサーリンク

 

アウレリウスの言葉

 

『他人の厚顔無恥に腹が立つとき、ただちに自らに問うてみよ。 「世の中に恥知らずの人間が存在しないということがありえようか」 「ありえない」と答えるだろう。それならば、ありえぬことを求めるな。』

 

カテゴリー:自己/精神

ソクラテスは言った。『彼らは軽々と人を殺しながら、少し時間が経てば、生かしておけばよかったと、そんな気まぐれな人たちなのだよ。』また、『『中国古典』の教え』の『史記』にはこうある。『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

>>続きを見る

 

『人の一生は短い。君の人生はもうほとんど終わりに近づいているのに、君は自分に尊敬をはらわず、君の幸福を他人の魂の中に置くことをしているのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

イギリスの小説家、エドワード.F.ベンソンはこう言っている。『自分自身に正直であることはなんと困難なことだろう。他人に正直である方がはるかにやさしい。』 彼やアウレリウスの言う様に、人はとかく、自分の人生と真正面から向き合うことから、避けてしまうものである。

>>続きを見る

 

『汝、穏やかなる人生を送りたければ、仕事を減らすべし。』

 

カテゴリー:自己/精神

ソクラテスは、『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ。』と言い、クリントン政権下でゴア副大統領のスピーチライターを務めたダニエル・ピンクは、著書『モチベーション3.0』でこう言っている

>>続きを見る

 

『幸福な生活をするのに必要なものはほとんどない。それはあなた自身の中、心の持ちようにある。』

 

カテゴリー:自己/精神

ロシアの作家、アルツィバーシェフは言う。『それ自体の不幸なんてない。自ら不幸を思うから不幸になるのだ。』トルストイは言う。『人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。』エマーソンは言う。

>>続きを見る

 

『人間はお互い同士のために創られた。ゆえに彼らを教えるか、さもなくば耐え忍べ。』

 

カテゴリー:自己/精神

凸凹で考えても、人間は単体では不完全である。それが□となって初めて完全体となる、例えば、夫婦の考え方の一つとして、『ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯』にはこうある。

>>続きを見る

 

『今の瞬間だけに生きよ!』

 

カテゴリー:時間/運命

教育者の岩渕克郎は言った。『一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日。一日を一生の如く真剣に生き、一生を一日の如く気楽に生きたい。』 ということは、アウレリウスが言う『一瞬を生きる』ということは、結局『一生を生きる』ことに繋がるのである。

>>続きを見る

 

『各々の物はそれが創られた目的に向かって惹かれる。惹かれるものの中に、各々の目的がある。目的のある所に各々の利益と善がある。』

 

カテゴリー:自己/精神

『ボールペン』は、文字を書くために作られた。 その目的の為に使用される。会社、学校、工場、アトリエ、それに相応しい様々な場所に到達し、そこで目的を果たし、使命を全うする。人生はどうだ。

>>続きを見る

 

『君の精神は、君の平生の思いと同じようになるであろう。なぜならば、魂は思想の色に染められるからである。』

 

カテゴリー:自己/精神

ブッダも、『思考は、現実化する。自分は、その集合体だ。』(超訳)と言っている。化石植物学者のマリー・ストープスは、『十六歳で美しいのは自慢にはならない。でも六十歳で美しければ、それは魂の美しさだ。』

>>続きを見る

 

『競技場では、競技相手の攻撃を好意をもって避ける。人生という競技場でも、共に競技をしている人たちを大目に見てあげようではないか。人を疑ったり憎んだりせずに避けることは可能なのだから。』

 

カテゴリー:自己/精神

15年以上も前になるが、『俺たちのフィールド』というサッカー漫画で、主人公がアルゼンチンに行ってサッカーを学ぶシーンがあった。そこで衝撃を受けたのは、カルチャーショックである。日本には『スポーツマンシップ』があって、それに逆らってまで勝ちにこだわることは、良しとしない。

>>続きを見る

 

『よし君が怒って破裂したところで、彼らは少しも遠慮せずに同じことをやりつづけるであろう。』

 

カテゴリー:自己/精神

マキャベリの『君主論』には、『民衆は頭をなでるか消してしまうかのどちらかにせよ。』『大衆は常に外見だけを見て、出来事の結果によって判断する。』等とある。あるいは、『『中国古典』の教え』の『史記』にはこうある。

>>続きを見る

 

『他人に関する思いで君の余生を消耗してしまうな。』

 

カテゴリー:自己/精神

しかしこれを『投資』と『消費』と『浪費』とに分けた時、『消耗』というのはどこに当てはまるだろうか。もし、そのせいで自分の心身が徒労し、元も子もなくなってしまいそうならそれは『浪費』、つまり取り越し苦労なのかもしれない。どうなるかもわからないことについて、あれこれと心配し、心労する。

>>続きを見る

 

『未来を思い煩うな。必要ならば、君は今現在のことに用いるのと同じ理性をたずさえて、未来のことに立ち向かうであろう。』

 

カテゴリー:自己/精神

アウレリウスはこうも言う。『今の瞬間だけに生きよ!』まさに今回の言葉とリンクする言葉だろう。人生は、今、この瞬間を生きることの積み重ねだ。明日、二段目を重ねようと思ったら、今日、一段目を積まなければならない。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP