『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

切らないで済む方法はある?薬で治すワキガ治療の実態

ワキガ治療で切らないで済む方法はある?

飲み薬や塗り薬で治す方法がありますが、『治す』というよりは『一時的な処置』という位置づけになります。

ただ、ミラドライといった施術は『切らない治療』と言えます。

先生

切らないで済むワキガの治療法はいくつか出来てきたね!ミラドライとかね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

手術以外の選択肢『デトランスα』とは

『ワキガはたった30分で完治します!』にはこうあります。

根本的治療には手術が必要

 

自分でケアする方法と永久脱毛の応用である理学療法をみてきましたが、どちらも完全にワキガを治すことはできないということがわかっていただけたことでしょう。ワキガを完全に治すには、ニオイのもとを完全に断ち切ることが必要なのです。その唯一の方法は、ずばり、ワキガ手術です。

 

やはりワキガを根本的に治すには、手術が必要です。しかし、どうしても手術が嫌だという人も中にはいますよね。

 

 

ワキガを『切らずに薬で治す』という場合、『塩化アルミニウム液』を使用した薬を利用する場合があります。これはワキガや多汗症の治療によく用いられる外用薬ですが、効果はその副作用を考えると、効果が抜群というわけではありません。

 

塩化アルミニウム液で手汗を抑える方法


 

例えば市販のこの『デトランスα』という商品ですが、

 

 

トップレビューにはこうあります。

 

汗は出なくなります。ただ、すごく荒れてかゆくなります。治る程度ですが、軽く色素沈着もします。

 

エステのスタッフさんに使用を中止するように勧められました。。。

 

汗が止まってもノースリーブは着られないですね。

 

確かに汗は出なくなるのですが、荒れてかゆみが出るようですね。軽い色素沈着もするということです。

 

大丈夫なのかなと心配になるほど汗をかかない。脇サラサラ~でほんと驚く。

 

ただ問題はかゆみ。塗ってからかゆく、結構そのあともかゆかったりする。でもかゆみと脇汗だったら断然脇汗が止まる方を選ぶ。

 

これはすごくよかった。量は少ない(重さも軽い)感じするけど一、二回ささっと塗るだけなんでかなりもちそう。なくなったらまた買おう。

 

やはりこの方も『かゆみ』が気になるようですね。また、塩化アルミニウムを使った商品を使って『皮膚がかぶれた』という動画を出している人がいます。

 

塩化アルミニウム 脇汗 かぶれた


 

  • 塗布する部位
  • 肌体質

 

等によって、皮膚がかぶれてかゆみを感じることがあるかもしれません。

 

先生

塗り薬だけでワキガを治すということはできないね!治すなら手術しかないよ!一時的な措置ならできるけど!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ワキガを根本的に治すには、手術が必要。
  • 『デトランスα』という塗り薬なら痒みの副作用があるがニオイが消えることもある。

敏感肌の人は注意

まあ、私などは皮膚が弱いので、『T字カミソリ』で髭を剃ると痛くて血が出ますからね。水につけて剃る『ラムダッシュ』タイプが出て、ようやく髭剃りが億劫じゃなくなったほどです。

 

 

それまでは、この電気カミソリでも痛いときがありました。私のように敏感肌であればこのようにして通常生活を送っているだけで肌トラブルがありますから、あまり大げさに考えることもないかもしれません。

 

 

夏などは汗だけで『あせも』ができてかゆくなりますからね。塩化アルミニウムを利用しなくてもかぶれるということですね。また下記の動画主の場合、皮膚科で処方された塩化アルミニウムについて、部位別での使用方法を詳しく説明しています。

 

塩化アルミニウムで汗が引きました!手汗、脇汗、顔汗、皮膚科。


 

  • ワキ
  • おでこ
  • ほっぺ

 

など、部位ごとで使用方法を多少変えることが必要かもしれません。この方の場合は効果を実感できたみたいですね。ワキに使う場合はあまり広範囲に広がらないように、手につけてから塗布したほうがいいようです。

 

先生

世の中には痛み止め(ロキソニン)なんかを飲むだけでアナフィラキシーショックを起こす人もいるからね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 敏感肌の人は塗り薬でかぶれる可能性がある。

精神面に効かせる薬

また『ワキガ対策』というより『汗対策』として、精神療法的な観点から精神安定剤のような薬を用いて治療する考え方もあります。下記の記事にも書きましたが、

 

 

『誰でもスグできる! あがり症・対人恐怖症・赤面症の悩みをぐんぐん解消する! 200%の基本ワザ』にはこうあります。

社会不安障害の種類と症状 発汗恐怖について

 

不安や恐怖を感じると、体が震えたり動悸を感じたり、交感神経によるストレス反応が起こります。そして、通常では考えられないほどの多量の汗をかくのが発汗恐怖です。

 

人間の精神状況によっては、汗を大量にかくことがあります。例えばこの社会不安障害の一つである『発汗恐怖』ですが、『汗を出すことが怖い病気』ではなく、『不安や恐怖で大量の汗をかく病気』です。

 

 

それに加えて、『自己臭症』という病気が加わったらどうなるでしょうか。『ワキ汗ワキ臭30分解消法』にはこうあります。

不安ばかり抱いていると、神経症にもなりかねません

 

『自己臭症』とは、『体臭恐怖症』とも呼ばれる『対人恐怖症』の一種で、『神経症』に分離される、れっきとした病気です。自分のある特徴が『他人を不快にしているのではないか?』と不安になり、人に接するのが怖くなるのが『対人恐怖症』です。この不安が自分の体臭に向き、『臭うかもしれない』から『臭うに違いない』『嫌われている』と断定してしまうのが『自己臭症』です。

 

この自己臭症は、『汗を出すことが怖い病気』と考えても過言ではありません。つまり、発汗恐怖と自己臭症が重なり合えば、

 

  • 汗を出すことが怖いと感じる
  • 不安や恐怖で大量の汗をかく

 

わけですから、まさに負の連鎖ですよね。ではここで、ワキガ臭が発生する原因と流れを見てみましょう。

 

STEP.1
アポクリン汗腺からアポクリン汗が出る
 
STEP.2
脂肪分やたんぱく質等が皮膚にある細菌に分解され腐敗臭を放つ
 
STEP.3
皮脂腺からの皮脂が加わり更にニオイが強まる
 
STEP.4
エクリン汗によってわき全体にニオイが広がる
 
STEP.5
わき毛にからまりニオイが発散される
 
STEP.6
ワキガ臭が放たれる
 

 

つまり、アポクリン汗でもエクリン汗でも、とにかく汗が出てしまえばワキガ体質の人はワキガ臭を発生する可能性が高いわけです。したがって、このような精神的な問題から汗をかき、それをワキガ臭につなげてしまうことは避けたいんですね。

 

 

発汗恐怖の説明に『交感神経』というキーワードが出てきましたが、それについては下記の記事を見て理解を深めてください。

 

 

簡単に言うと、

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

ですね。いつでも副交感神経の方を優位にすることを意識したいのです。

 

 

こうした自律神経や精神面に作用する薬を利用し、発汗を抑え、結果的にワキガ臭を抑えるというアプローチもあります。『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

薬を使ってニオイや多汗の不安を取り除く治療

 

強い不安感から強迫観念にとらわれるようになると、精神安定剤や自律中枢調整剤などのほか、漢方薬を使った治療も行うこともあります。

 

薬物療法

 

精神発汗が恒常化して悪循環に陥ったような場合、実際に汗をかく前から『人と会ったら汗をかくのでは?』というぐあいに汗をかくことを予知し、それへの不安(よき不安)を抱くようになります。強度の自己臭恐怖と同じような不安に陥るわけです。薬物療法は、このような強迫観念から逃れるために、薬剤によって心の不安を取り除く方法です。

 

先生

発汗を抑えてもワキガは完治できないけどね!一時的な措置ということになるよ!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 精神面に効かす薬で発汗を抑える手がある。

主な治療薬

本にはこういったケースで投与に用いられる薬として、以下のようなものを挙げています。

 

主な治療薬

精神安定剤 マイナートランキライザー等
自律中枢調整剤 ベレルガル等
中枢性睡眠剤 バルビタール等
発汗に効く薬 抗コリン剤等

 

また、眠気やふらつきなどの副作用を抑えるために漢方薬を使用することもあります。これらの薬を使い、予期不安を減らし、汗の量を減少させ、結果的にこういった精神発汗を抑えるということですね。

 

STEP.1
精神系の薬を利用する
 
STEP.2
予期不安が減る
 
STEP.3
安心感と自信が生まれる
 
STEP.4
薬に頼らないようになる
 
STEP.5
精神性発汗を克服する
 

 

このようにして考えると、精神性発汗が理由でワキガ臭を放ちがちな人には、精神的な部分にアプローチをするこのような薬物療法が有効かもしれません。

 

先生

EDでもあがり症でも、こういった成功体験の積み重ねのために『一時的に使用する』という考え方があるね!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 薬を使って成功体験を積めば精神性発汗を抑えることができる。

睡眠不足を改善する

また、こういった自律神経に目を向けるのであれば、薬だけではなく『良質な睡眠』等の生活習慣にも目を向ける必要があります。

 

『ササッとわかる「SAD 社会不安障害」 あがり症の治し方 (図解 大安心シリーズ)』にはこうあります。

セロトニン量が低下しているSADの人は、交感神経が緊張しやすいため、夜間の睡眠の質も低下しがちです。質のよい睡眠がとれないと、副腎皮質ホルモンやアドレナリン、ノルアドレナリンといった脳内物質が放出されますが、このホルモンは危険を感じて逃げるときや戦うときに分泌されるホルモンと一緒です。

 

つまり睡眠不足になると、戦ったり逃げたりする時にドキドキしたり震えたりさせるホルモンが多量に分泌されることになるわけで、そうなると身体がおのずと緊張状態に入ってしまうのです。

 

睡眠不足になると人は交感神経が優位になりがちです。したがって、良質な睡眠を取るために、次のポイントに注意する必要があります。

 

  • 太陽光を浴びる
  • L-トリプトファンを摂る
  • 朝食を食べる
  • 軽い運動をする

 

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

 

STEP.1
L-トリプトファンを摂取
 
STEP.2
体内でセロトニンに合成
 
STEP.3
メラトニンへと変化
 
STEP.4
メラトニンのおかげで良質な睡眠が得られる
 
STEP.5
日中が活動的になりセロトニンが増える
 
STEP.6
精神安定の基盤となる
 

 

 

先生

睡眠不足は思っている以上に心身に悪影響を与えるし、逆に良質な睡眠は思っている以上に心身に好影響を与えるよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 良質な睡眠によって精神安定を図る。

ミラドライという選択肢

ミラドライという治療法によって、『切らない治療』を行うことができます。ミラドライとは、マイクロ波(電磁波)エネルギーを利用して、ワキガ・多汗症の原因であるアポクリン腺、エクリン腺をなくす施術です。

 

例えば、youtuberの『おるたなchannel』のないとーさんは、片方のワキガと大量の汗をかくことについてコンプレックスを持っていました。しかし、下記の動画をご覧ください。

 

【速報】手術をしました。。


 

このミラドライという施術によってその問題を解決している様子がうかがえますね。手術ではなくこうした『施術』によって、汗腺に変化を起こさせることによってワキガや多汗症を治すことができるんですね。

 

 

youtuber『へきトラハウス』のへきほーさんも、ミラドライをしました。

 

手術することになりました


 

先生

ミラドライは、『失敗や再発をしないように超音波治療をプラスする』方法を取っていることが多くて、ミラドライだけでは不完全かもしれないね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ミラドライなら切らないで治療できる。