『ヒト』を最適化しよう。

アロマオイルを使って自律神経を整えればニキビケアとワキガ・体臭対策ができる!

アロマは体臭、ニキビ対策になる?

アロマをどう使うかによります。

体臭やワキガの場合、香水として使う場合は注意が必要ですが、リラックス効果を狙ってアロマを嗅ぐ場合は、発汗を抑える効果を期待できます。また、アロマオイルで自律神経を整えれば、ホルモンバランスが崩れるのを阻止できます。リラックスして良質な睡眠が取れれば、有効なニキビケアになります。

先生

リラックス効果で自律神経を整えるアロマはワキガ対策になるけど、香水として使うのは微妙かな!ただアロマオイルにはリラックス効果があるからね!精神安定で得られるメリットは確実にあるよ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

アロマをどう使うか

ワキガ対策としてアロマを使用するのは、使用方法によっては効果があり、あるいは効果がありません。例えば下記の記事に書いたように、『香水』の考え方があります。

 

 

しかし、香水でワキガのニオイを誤魔化すと、かえってきついニオイとなり、異臭が悪化します。欧米人のように、生まれたときから周りも皆ワキガ臭を放っていて、その中で香水をうまくブレンドさせて自分のニオイを演出する、という習慣がついているなら別ですが、そうでない日本人が無理矢理香水を使ってニオイをカモフラージュしようとしても、逆効果になる可能性があるので注意が必要です。

 

同じように、アロマであってもそうです。アロマのニオイを使って自分の体臭のニオイを消そうと考えている場合は、同じ考え方が当てはまることになります。私は、リラックス効果のある『ラベンダー』のアロマオイルを使って仮眠をしますが、アロマオイルというものは一滴かけるだけで相当なニオイが充満します。

 

 

つまり、このニオイを使って自分の体臭・ワキガを消そうと思う場合は、気を付けた方がいいということですね。『軽い体臭』くらいなら香水同様に問題ないかもしれませんが、『強いワキガ』となると、その匂いと混じって刺激臭となります。それだったら、下記のような対策をしてニオイを悪化させないように努めることを検討しましょう。

 

 

先生

アロマオイルっていうのは『香水』の一種だと捉えることもできるね!ニオイのする水なんだから!それをどう使うかで変わってくるよ!
たしかに!

ハニワくん

『精神安定』を目的にアロマオイルを使う

ただ、もし『精神安定』を目的にアロマオイルを使うということであれば、下記の記事に書いたような考え方に繋がってくることになります。

 

多汗症とワキガの因果関係は?緊張からくる精神性発汗もワキガの原因?臭う汗と臭わない汗の違いは?

 

この記事では、『なるべく副交感神経の方を優位にする』ことを意識して生活することで、交感神経を優位にしないことのメリットについてまとめています。

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

ですから、緊張した場面や、不安に感じるときなどに人は交感神経が優位になり、発汗等の様々な現象をもたらすのです。従って、『なるべく副交感神経の方を優位にする』ことでその発汗を抑えることができ、ひいてはワキガ臭を外に放つことを抑制することができるということなんですね。

 

 

『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

体臭対策を考える場合、ストレスはもっとも避けるべき要因のひとつです。ストレスを解消し、心身ともにリラックスできるのが、エッセンシャルオイル(植物の精油)を使ったニオイ対策です。

 

そのリラックス効果を得るために有効なアロマオイルは以下のようなものです。

 

ラベンダー

 

ジャスミン

 

ローズ

 

オレンジ

 

ライム

 

クラリセージ

 

どれもリラックス効果があり、気分を前向きにし、幸福感を得るために有効なアロマオイルです。どのニオイがいいかは、体調によって違います。私は美容院でアロママッサージをやってもらうとき、いくつかのニオイを嗅いで選ぶのですが、毎回、気分によって選ぶオイルが違います。

 

大体はリラックス効果を求めてラベンダー系になるのですが、違うオイルを選ぶときもあります。従って、いくつかのニオイを用意しておいて、その時の気分に合ったアロマオイルを選ぶのもいいですね。

 

 

先生

アロマオイルのニオイなんか効くのかって思うんだけど、実際には嗅いでニオイがして、気づいたら寝ているっていうことが結構あるよ!
なるへそ!

ハニワくん

アロマオイルの適切な使い方

そのアロマの使い方ですが、例えば一例として、下記のようなディフューザーを使ったりして楽しむことができます。

 

 

また、下記の動画では、専門家がアロマオイルの適切な使い方について説明してくれていますので、併せてご確認ください。体に使う場合と、部屋で使う場合とそれぞれの動画があります。

 

アロマテラピーの楽しみ方 #4 睡眠に効果的な精油


 

動画では、『ラベンダーのニオイを枕元に1滴垂らせばリラックス効果があるが、5滴、6滴垂らすと逆に眠気が覚めてしまう』というポイントも教えてくれていますね。

 

 

めぐりズムの『ホットアイマスク』にも、ジャスミンとラベンダーのニオイが採用されていますが、やはりこれも、リラックス効果を高めるために考えられているわけですね。

 

 

私は、コストのことを考えて下記のような電気のタイプのマスクに変えたのですが、

 

 

これもアロマオイルを一滴垂らしたり、水をふきかけて蒸気を作って癒し効果を高める効果は期待できますが、正直その環境が最初から用意されているめぐりズムのホットアイマスクの方が、やはりクオリティは高いと感じますね。ラベンダーの香りでいつもぐっすりと寝ることができます。コスト面で心配がない人は、めぐりズムのタイプを使うといいでしょう。

 

また、『気になる口臭・体臭・加齢臭』にはこうあります。

これらを湯船に数滴たらせば、ゆったりとリラックスできるでしょう。入浴後に、これらの精油をブレンドしたマッサージオイルをみぞおちや足の裏などに塗り、もみこむように浸透させると、更にニオイ対策に有効です。

 

血行を促す働きがあるローズマリーやラベンダーなどは、よい汗をかくようになりたい人に役立ちます。また、足のニオイに悩んでいる人には、抗菌作用の強いティートリーやユーカリ、ラベンダー、レモンなどを入れた足湯がいいでしょう。

 

  • アロマオイルを湯船に垂らす
  • ブレンドしたマッサージオイルで地肌に浸透させる

 

という方法も紹介してくれていますね。これによってリラックス効果が上がれば、副交感神経が優位になり、無駄な発汗を抑えられるようになり、『良い汗』をかけるようになります。また、同じように漢方薬でもって精神を安定させる効果を期待できるものがあります。下記の記事にも書きましたが、

 

 

局所性の多汗症の漢方薬
  • 茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)
  • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)
  • 梔子柏皮湯(シシハクヒトウ)
  • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)
  • 女神散(ニョシンサン)
全身性の多汗症の漢方薬
  • 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)
  • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
  • 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)
  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン)

 

これらの漢方薬は、基本的にはどれも発汗を抑えたり、精神を安定させたりする効果を期待できます。また、EDに有効な漢方薬としても同じような効果があるものがあるので、そちらも併せてご確認ください。

 

 

 

先生

ニオイは『ほのかに』香る程度がいいんだ!特に日本人はね!ほのかを好む人種っていうことになるよ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 日本人が無理矢理香水を使ってニオイをカモフラージュしようとしても、逆効果になる可能性がある。
  2. 『精神安定』を目的にアロマオイルを使うなら、発汗を抑えることができ、ワキガ臭を外に放つことを抑制することができる。
  3. 『精神安定』に有効なアロマオイルの種類を確認する。
  4. ラベンダーのニオイを枕元に1滴垂らせばリラックス効果があるが、5滴、6滴垂らすと逆に眠気が覚めてしまう。
  5. 同じ効果がある漢方薬を確認する。

 

アロマオイルは自律神経を整える

アロマオイルを使って自律神経を整えれば、ニキビケアになります。ではここで、ニキビができる原因を見てみましょう。

 

ニキビができる原因(内因性)

ニキビができる原因(外因性)

その他

 

ニキビは一つの原因によって発症するわけではないので、このすべての要素を最適化することが求められます。例えばニキビはアクネ菌の増殖が原因だと長い間言われてきましたが、最近の研究ではそうではなく、例えば『抗生物質』の服用が関係している可能性もあるという説も上がっています。

 

 

 

とにかくその原因は多岐にわたるわけですが、ホルモンバランスの変化やストレスによってもニキビはできてしまいます。

 

先生

たかがアロマオイルって思うかもしれないけど、自律神経を整えることは心身に大きな影響を与えるんだ!例えば交感神経優位の状態だと病気にもなりやすいよ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

ストレスが続くとどうなる

ストレス状態が長く続くと、『糖質コルチコイド』の分泌が優先されて、性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌が抑制されることになります。

 

糖質コルチコイド
一種の抗ストレス作用の強いホルモン。

 

『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』にはこうあります。

すでに述べたように肌の健康と美容には性ホルモンの関与が大きいので、その分泌が抑えられてしまうと、ニキビができやすくなったり、皮膚の潤いや弾力を保つ機能が低下したり、角化異常を招くことにつながります。

 

例えば、タバコを吸うと実はストレスを負う事実がありますが、それが結果的にニキビを生み出します。

 

STEP.1
タバコを吸う
 
STEP.2
ニコチン依存症となり、自律神経が乱れやすくなる
 
STEP.3
不眠やストレスの原因になる
 
STEP.4
ストレス状態が長く続くと、『糖質コルチコイド』の分泌が優先されて、性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌が抑制される
 
STEP.5
その抑制によってニキビができやすくなる
STEP.6
不眠によってもニキビができやすくなる。
 

 

 

女性の場合は生理前後など、ホルモンバランスを崩すシーンはたくさんありますが、そのそのタイミングでもニキビはできやすいといえます。

 

 

先生

他に理由がわからなければストレスを疑え、って言っている専門家もいるね!ストレスは万病の元だから、それだけのリスクがあるってことだね!
なるへそ!

ハニワくん

交感神経系と副交感神経系の働き

良質な睡眠を取り、タバコをやめ、ストレスをなくすことは自律神経を副交感神経優位にさせ、人を精神安定へと導きます。それがとても大きなニキビ対策になるのです。交感神経が優位になるとろくなことはありませんからね。下記の記事に書いた、『交感神経系と副交感神経系の働き』を見てみましょう。

 

Inquiry.
緊張からくる精神性発汗もワキガの原因?ワキ汗を止める対策とは

 

発汗しやすくなり、消化器活動は抑制され、免疫力は低下し、血圧は上昇します。もちろん、一時的に交感神経が優位になるシーンは全然あっていいのですが、そういう時間があまり長く続くと体に悪いわけです。

 

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

ですから、緊張した場面や、不安に感じるときなどに人は交感神経が優位になり、発汗等の様々な現象をもたらすのです。そして交感神経が優位だと不眠にもなります。するとホルモンバランスや免疫力が崩れ、ニキビになりやすくなります。従って、ワキガ、体臭同様、『なるべく副交感神経の方を優位にする』ことでこの問題を解決することができるということなんですね。

 

 

先生

副交感神経だけが常に優位である必要はないよ!そうなるとまたそれはそれで問題になるからね!ただ、やっぱり原則はそうしていたい!バランスが大事なんだ!
なるへそ!

ハニワくん

どんなアロマオイルが有効か

ですから、上記ワキガの記事に書いたアロマオイルの内容がそっくりそのまま該当します。リラックス効果を得るために有効なアロマオイルは同じものです。どれもリラックス効果があり、気分を前向きにし、幸福感を得るために有効なアロマオイルです。どのニオイがいいかは、体調によって違います。私は美容院でアロママッサージをやってもらうとき、いくつかのニオイを嗅いで選ぶのですが、毎回、気分によって選ぶオイルが違います。

 

大体はリラックス効果を求めてラベンダー系になるのですが、違うオイルを選ぶときもあります。従って、いくつかのニオイを用意しておいて、その時の気分に合ったアロマオイルを選ぶのもいいですね。記事には、アロマオイルを使うディフューザーや、動画を掲載していますので、併せてご確認ください。

 

 

先生

アロママッサージなんか行くと使えるアロマオイルを選べるんだけど、いつの間にか眠ってしまったりするね!音楽も空調も、においもすべて整っているからね!
たしかに!

ハニワくん

特に女性に効果的?

アロマのにおいは間違いなく人の精神面に影響を与えます。特に女性がそうかもしれません。『ニオイをかげば病気がわかる (講談社+α新書)』にはこうあります。

それ以上に左右するのが後天的な原因です。前述したように、学習や経験で嗅覚は鍛えられます。それまでの人生のなかで多くのにおいをかいでいる人ほど総じて鼻が利く傾向があります。また調香師やソムリエなど日常的に嗅覚を使っている職業の人は、嗅細胞が活性化しているのでそれだけ鋭敏といえます。嗅細胞は筋肉と一緒で鍛えれば期待得るほど発達しますが、使わないとどんどん衰えてきます。

 

そのせいか、一般的に女性のほうが男性よりもにおいに敏感だといわれています。私の経験でも、女性の方が年齢を重ねても感度がいいことがわかっています。これは、女性の方が化粧品や香水などにおいのあるものを多用しているため、においの経験や引き出しが多いからと考えられます。また、男性より清潔感を気にする人が多いことも関係しているのかもしれません。

 

下記の記事に書いたように、男女別でワキガになる比率を考えると、あるデータでは実は女性の方が6:4で多いとされています。しかしこのデータは正確ではありません。なぜなら、男女でニオイに関する考え方が違うからです。

 

『ワキ汗ワキ臭30分解消法』にはこうあります。

それでもワキガが女性に多いワケ

体毛が濃い(多い)人の方がワキガになりやすいのであれば、女性より男性に多いのでは?とお考えの方もいると思います。けれども、クリニックに来られる患者さんの男女比率は4対6と、女性の方が若干多いようです。

 

著者はその理由として先ほども言ったように、『ニオイに対する感受性が違う』という理由を挙げています。つまり男性よりも女性の方がニオイを気にするので、クリニックに来院する人が多いということですね。

 

 

また、先ほどの著者が言っていたように、女性は男性より清潔感を気にする人が多いということも関係があると考えられていて、実際にはワキガの男女比率は『5:5』だと考えられています。香水等のにおい系に関する動画も女性が多いですからね。

 

【女子力UP!】香りもの全て紹介♡シャンプー、柔軟剤、香水…etc


 

【部屋の香り…】使ってる香水紹介!【コラボ香水…】


 

香水コレクション紹介♡  〜My Perfume Collection〜


 

もちろん男性の動画もありますが、『自分が愛用している』という内容ではない気がしますね。

 

【検証】香水を1本全部使ったらどれくらい匂うのか?


 

男子に人気の香水ベスト3 試してみた!


 

香水を初めて付けた中学生


 

女性は、はるか昔から子供を育て、家を守る立場にあり、他人のごくわずかな気持ちや態度の変化に気づく必要があり、感覚が鋭くなったんですね。もちろん、それで言えば狩りに出て外で戦う男性も違う意味での感覚は鋭くなりましたが、例えば食事を食べる際、その食事が腐っていないか、毒が入っていないか等のチェックをするのは、往々にして家にいる女性だった可能性が高いわけです。

 

つまり、男女ともに活躍の場で感覚は鋭くなったのですが、こと『ニオイ』に関しては、女性の方が感覚的に鋭くなったということかもしれませんね。ですから、特に女性に対してニオイを『押し付ける』ことに注意して生活をする必要があるでしょう。

 

先生

そう考えると、アロマオイルのリラックス効果を得られるのは男性よりも女性に多いかもしれないね!男性でも十分効果を得られるよ!
なるへそ!

ハニワくん

スメハラで悩む人は女性だけ

その証拠に、下記の記事に書いたように『ハラスメント』で悩んだ人でスメハラと答える人は、『女性のみ』でランキングが5位となっています。男性がスメハラで嫌な思いをしたということは、あまりないようですね。

 

 

ハラスメント
簡単に言うと、嫌がらせ。
スメハラ
スメル・ハラスメント。臭いにより周囲を不快にさせる嫌がらせ。

 

そう考えると、女性は特にアロマオイルを使えば高い精神作用を得ることができるでしょう。男性の私でも十分効果を感じますから、においでアプローチをするというのはなかなか有効な方法だといえますね。

 

先生

そう考えるとやっぱり女性はにおいに敏感だね!ただ、筆者の母親は全くにおいを感じない人だよ!筆者の方がにおいに敏感だね!
そういうケースもあるっすね!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. アロマオイルは自律神経を整える。
  2. ホルモンバランスの変化やストレスによってもニキビはできる。
  3. 人は『なるべく副交感神経の方を優位にする』ことが求められている。
  4. リラックス効果を得るために有効なアロマオイルを確認する。
  5. 一般的に女性のほうが男性よりもにおいに敏感。
  6. スメハラで悩む人は女性だけ。