名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『知者は楽しみ、仁者は寿ぐ。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

寿ぐ(ことほぐ)というのは、言葉で祝福するという意味だ。

 

知者は楽しみ、仁者は寿ぐ。つまり、知者は自分の楽しませる方法を心得ているが、仁者ともなると、更には周囲の者まで楽しませることが出来る。

 

『仁』というのは、思いやりであり、いつくしみであり、なさけである。特に、この孔子の教えである儒教における最高徳目で、他人と親しみ、思いやりの心をもって共生を実現しようとする実践倫理とされている。

 

知者はとても賢い。身の回りにも、この『知者』はたくさんいるだろう。私の周りにもたくさんいる。経営者、作家、調理師、会計士、弁護士、シェフ、運転手、教師、システムエンジニア、建築家、デザイナー、ゲーマー、彼らはとても豊富な『知識』を持っていて、つまりは『手に職』を持っている人間である。(ゲーマーはわからんが)

 

だが、『仁者』とは限らない。彼ら『知者』は、人を寿ぐ、つまり、人が救いを求めているのであれば、助言を、叱咤が必要であれば、説教をしているとは限らない。

 

まずは自分のことだけが出来ているのが『知者』だ。時には人の為に損をし、言い返され、いわれのない誤解を受けてまで、人を『仁』の心によって思いやるような人、つまり『仁者』を目指す人生は、とても生きがいがある。

 

 

参照:子曰わく、知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。

(雍也第六-二十三)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

孔子『知者は楽しみ、仁者は寿ぐ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『多岐亡羊。それはこういう意味だ。キツネに勝ったのは、ハリネズミだということ。』

 

『適材適所がある。弓使いが前線に居ても使い物にならないだろう。』

 

『弟子の孟子が自暴自棄という言葉を創った。それに当てはまらない者はいるか?』

 

『人間の道は逸れて歩くことが出来る。ということは、逸れずに歩くことが出来るのだ。』

 

『本当の人助けとは、自立の支援だ。育児と教育の違いでも、それはわかることである。』

 

『”楽しむ”ことが人間が受けられる最高の賜物だ。”楽”をすることとは違う。』

 

『神を”尊敬”はしても、”崇拝”はするな。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP