『ヒト』を最適化しよう。

孔子『親が子を庇って何が悪い。もちろん、「庇う」という言葉の意味を、知っている。』(超訳)

儒教の始祖 孔子画像

内省

例えばソクラテスは、

 

と言って、子供よりも家族よりも、『真理』のみを重視せよと言った。これは考えれば当たり前で、例えば自分の子供が、『無差別連続殺人及び、無差別連続強姦魔』であれば、親はどうしたらいいだろうか。

 

親の下へ駈け込んで来た。

 

無差別連続強姦魔

たすけて!母さん!いつもみたいにさ!庇ってよ!ね!

 

最愛の一人息子だ。そして実は、その前に一人子供が居て、早くに亡くなっていたのだ。その時に母は、強く決意した。

 

(次に産まれた子を、この子の分まで愛そう。)

 

だが、その結果がそれだ。いつも庇ってあげていた。お金で解決できるならするし、権力も多少持っていたから隠蔽出来た。だが、その結果がそれだ。歪曲した愛情を注いでいたのだ。『殺された、強姦された、被害者、被害者の家族の人生は?』うするつもりだろうか。そこまで考えたら、ソクラテスの言葉の意味もわかるだろう。その場合、親は何をすればいいだろうか。

 

『愛している』?そんなのは誰でも同じだ。育児と教育は違うのだ。孔子が言うのも同じだ。親は子を庇う。子は親を庇う。そういう人間の感情は、あって当たり前だと言っているだけだ。ただ、『育児と教育が違う』ように、状況によって『教育』が、警察に突き出して一生刑務所に入れるということもあるだろう。それを強制的にではなく、親の、自分の意志で決断する。それは容易ではないが、それが『庇う』ということだ。

 

『庇う』というのは、助け、守るという意味。そういう究極的な場面で考えるなら、それ以上罪を重ねないように、子を守る為に、刑務所や精神病棟に隔離する決断をするのだ。『庇う』というのは『隠蔽する』という意味ではない。それがわかれば、まず十分だろう。後はここで考えた最悪のケースにならないように、真の愛情でもって『教育』の使命を全うすればいい。全ての親が、教育という愛情を全うする使命があるのだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

子路第十三-十八
孔子曰わく、吾が党の直き者はこれに異なり。父は子のために隠し、子は父のために隠す。直きことその中にあり。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』 『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

孔子に関する他の記事

孔子(Confucius)とはどんな人物か 孔子(論語)の名言・格言一覧