『ヒト』を最適化しよう。

孔子『今の時代を生きる人は、一期一会の意味を知っているのかな。』(超訳)

儒教の始祖 孔子画像

内省

かつて戦争や武器の所持が当たり前だった時代、若いうちに人がよく死んだ。病気も治らなかった。餓死者も出た。打ち首に、切腹に、市中引きずり回しに、土座衛門。 今では『異常』だと思う光景が、かつての『日常』だったのである。だから一期一会の意味をよく理解していた。今日話した人が、明日、あるいは翌年には本当にこの世を去ってしまったのだ。

 

今の時代を生きる人はかつての人ほど一期一会の意味を知っているだろうか。今日、意見を言わなかったその行動は、明日、後悔しないだろうか。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

衛霊公第十五-八
知者は人を失わず、また言を失わず。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

孔子に関する他の記事

孔子(Confucius)とはどんな人物か 孔子(論語)の名言・格言一覧