名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

イチロー(鈴木一朗) 名言/格言

イチロー(鈴木一朗)

 

イチロー(鈴木一朗)とは(画像

日本プロ野球選手通称『天才バッター』。イチローこと鈴木一朗は1973年10月22日に愛知県の西春日井郡豊山町で生まれました。名前は一朗ですが次男で、兄はグラフィックデザイナーとして活躍する鈴木一泰。イチローが使用している野球用品には兄・一泰がデザインを手がけたロゴが刻まれています。

 

少年時代のイチローは、豊山町スポーツ少年団に所属し、エースの4番でチームの要として活躍します。練習のために通い詰めたバッティングセンターにはイチロー専用の打席が現存しており、テレビや雑誌などで度々取材されています。通常の球速では物足りないと感じたため、ピッチングマシンのスプリングも専用のものが使われました。同時期には同じく愛知出身のプロ野球選手、稲葉篤紀もそのバッティングセンターに通っており、隣で物凄い球速のボールを打つイチローを見て驚愕していたそうです。

 

豊山中学校、愛工大名電高校を経て1992年にはドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブに入団。当初は本名の鈴木一朗名義で登録していましたが、3年目となる1994年に現在のイチローに変更。日本人初となる、下の名前での選手名登録者となりました。同年には年間210安打を記録し、それを表彰するために最多安打賞が打撃タイトルとして設立されます。

 

2001年には日本を離れ、アメリカのメジャーリーグ球団シアトル・マリナーズに入団。以後、新人王、MVP、首位打者など数々のタイトルを獲得し、日本人がメジャーでも通用することを証明しました。

 

イチロー関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

イチロー(鈴木一朗)の言葉

 

 

『僕は天才ではない。僕は、毎日自分がやるべきことを、やり続けているだけだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

アメリカではこうも呼ばれているイチロー。「魔法使い(Wizard)」「安打製造機(Hit Machine/Hitting Machine)」。そんな彼は、本当に『魔法使い』のような突拍子もない『天才』なのだろうか。

>>続きを見る

 

『人の意見や評価は曖昧なものだから。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『どう伝えるべきか。十人十色の相手に対し、言葉で伝えるのは容易ではない。』 (超訳) そこにも書いたが、人に自分の気持ちを伝えるのは容易ではない。なにしろ、 その『伝える相手』の心が、虚ろなのだから。それに照準を合わせることは、雲を掴もうとするようなものなのである。

>>続きを見る

 

『最大の武器?それは、何かにトライしていこうとしている自分がいるということです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『最大の武器?それは、何かにトライしていこうとしている自分がいるということです。自分では、向こうでいまある状態を出してみたい、という感覚なんです。いまの僕の現状ではもっと上は見えてこないですから。』

>>続きを見る

 

『自分がやりたいスタイルって本当はああいう感じだったのに、いつのまにか殻に入ってしまったというか、なんか自分が小さく見えてね。』

 

カテゴリー:自己/精神

『メジャー行きをとくに意識したとなると、96年の日米野球ですね。ヤツらのスウィングを見ていると、いまの一打席をものすごく大事にしてバットを振っている感覚があるわけですよ、何の迷いもなく。

>>続きを見る

 

『どの世界でもそうだと思いますけど、自分のできることをとことんやっていきたいという意識があるか、ないか、そういうことだと思うんですよ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『野球界に限らず、どの世界でもそうだと思いますけど、自分のできることをとことんやっていきたいという意識があるか、ないか、そういうことだと思うんですよ。

>>続きを見る

 

『これまでと何も変わらずに、ただユニフォームが変わっているだけ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『野球場においては、プライドを持ってその場に立つということは変わりません。これまでと何も変わらずに、ただユニフォームが変わっているだけ。信念を持ったことは、向こうのスタイルがこうだからといって揺らぐことはできないです。』

>>続きを見る

 

『経験があるということは、イメージができるということじゃないですか。』

 

カテゴリー:自己/精神

『経験があるということは、イメージができるということじゃないですか。試合が始まるまでの気持ちの持っていき方が違ってきますし、だいたいこうだとイメージできれば、あらゆる場面でどういうふうに対処していくかということがわかりますから。』

>>続きを見る

 

『結果が良かったからといって、自分にとっていい内容だとは限らないし、結果が悪く出ても、すべてが良くないとも思わない。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば『占い』で、自分の星座が上位にランキングしたとき、それを信じるが、下位にあったとき、それを信じない人は、結構いる。

>>続きを見る

 

『あれを「エラーになれ!」と思うぐらいの自分に持っていきたい。』

 

カテゴリー:自己/精神

『あれを「エラーになれ!」と思うぐらいの自分に持っていきたい。そこは、ぼくの目指す究極体ですね。』

>>続きを見る

 

『これまでも常にプレッシャーを自分にかけてきましたし、そういう状況はたくさんありました。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『これまでも常にプレッシャーを自分にかけてきましたし、そういう状況はたくさんありました。それをくぐり抜けてきた、乗り越えてきたという自信がありますから、どんな状況が目の前に現れても動揺したりすることはないし、

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP