『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『自分の限界を見てから、バットを置きたい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

そして、自分の限界が来ないなら、バットを置く必要はない。それは至極当たり前の発想である。ただし、周りの考え方はそうではない。しかしそういう時もイチローは、

 

と言って、自分の考え方を主張し続ける。王貞治は言った。

 

なぜ、あんなにも大好きだった野球に対し、そう思ってしまう日が来るのだろうか。それは、真理が答えを知っている。人間はいつか必ず、間違いなく死ぬのだ。仕事もスポーツも何もかも、生きている間にやっている『暇つぶし』。しかし、されど暇つぶしだ。イチローがやっているのは、究極の暇つぶしである。

 

限界が来るのはわかっている。死ぬことも最初から知っている。突き詰めても、突き詰めても、いずれそれが全て消えてなくなる時が来ることも、よく理解している。だから『暇つぶし』なのかもしれない。だが、それでもこうして生きて、野球をやって、命が躍動している。その気持ちを、一日一日、大事にしたい。イチローは恐らくそう自分に言い聞かせて、今日も自分の人生で、その命の炎を燃やし続けるのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧