『ヒト』を最適化しよう。

イチロー『自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会ったときに、「お、自分はまだまだいける」と思います。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

イチローはこうも言った。

 

つまり、下記の様なメーターを見たのだ。自分は『右のメーターである』という事実を思い知ったそれはつまり、左のメーターと比べ、劣っている。ここで劣等感を覚えるようなイチローではない。むしろ淡々と、『お、自分はまだまだいける』と思って、その伸びしろに気づけたことに興奮さえ覚えるのだ。

 

 

いや、実際には興奮まではいっていないといよう。しかし、『興奮さえ覚えるのだ』と暗示をかけることにより、自分の潜在能力はいかんなく発揮される。というより、

 

(無理だ。限界だ。)

 

と勝手に決めつけることが、なくなる。いつだって思い出したい。自分の人生は、たった一度しかないのだ。自分の伸びしろを確認した時、そこで確かに捻出されるエネルギーがあるはずだ。それを隠蔽して前に進む人生に、どれだけの価値があるのだろうか。『命を使い切る』為に、我々はこの世を生きているのだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

イチロー(鈴木一朗)の名言・格言一覧