名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

羽生善治 名言/格言

羽生善治

 

羽生善治とは(画像

日本将棋棋士。羽生善治は1970年9月27日生まれの日本の棋士です。二上達也九段の門下に在籍しています。脚光を集めたのは1996年2月14日、将棋界で初めて、7タイトルの独占を達成した際です。メディアにも幅広く取り上げられ、将棋ブームの火付け役ともなりました。2012年7月5日には将棋界の金字塔として長く君臨していた大山康晴の通算タイトル獲得数を抜き、歴代の単独1位を成し遂げました。同世代にトップクラスの棋士が多いことから、羽生善治の世代を羽生世代と呼ぶ風潮もあります。

 

幼少の頃から将棋に関わっていて、小学3年生で初段を獲得しています。家庭内でも幾度となく将棋に取り組んでいて、両親と妹のチームと羽生善治ひとりで将棋を指し、家族の局面が不利になると盤面を回転させて持ち手を入れ替えるというゲームを日常的に続けていたといいます。ただそのゲームは善治の成長のスピードが著しく、長続きしなかったともいいます。

 

その名言としては勝負の世界では、これでよしと消極的な姿勢になることが一番怖い。常に前進を目ざさないと、そこでストップし、後退が始まってしまう、というものがあります。96年のセンセーション以降も勝ち続けるためにはストイックに勝利を追い求めることが必要だということがこの言葉に現れていて、強さに限界はないということでもあります。タイトルに慢心することなく、常に技術向上を目指している羽生ならではの発言だといえます。

 

羽生善治関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

羽生善治の言葉


 

 

『相手のことを知るよりも、自分自身が強くなればそれで済む世界だし、それを目指したほうが本筋というか、王道という気がしたんです。』

 

カテゴリー:自己/精神

竜王 名人 棋聖 棋王 王位 王将 王座。この7つのタイトルを制覇した天才棋士、羽生善治これは異例中の異例だ。

>>続きを見る

 

『いくら情報が溢れていても、創造の基本となるのはゼロからの視点です。』

 

カテゴリー:自己/精神

私も棋譜検索を使っていますが、必要以上にデータに頼らず、自分で考え抜いた方が、新しいことを思いつきやすいという経験則があります。効率は悪いですが、長い目で見ると自分にとってプラスになります。』

>>続きを見る

 

『ちょうどジグソーパズルをバラバラに適当に、わざと間違えて置いてみるイメージです。』

 

カテゴリー:自己/精神

『「どうせムダ」「役に立たない」といったくらいの気楽な気持ちで考えることが新しい発想を生むコツです。

>>続きを見る

 

『車でいえば、「意識的に少しアクセルを強めに踏む」ようにリスクをとるように心がけています。』

 

カテゴリー:自己/精神

経験を積むと、どんな局面でも「これさえやっておけば、無難に収まる」といったやり方を人は自然に覚えていきます。それを避けるために、少し思い切ったことをやるのです。

>>続きを見る

 

『収穫も進歩もなかったとなればモチベーションは下がります。でも、こういう発見があった、こういう課題が見つかったとなれば次につながります。』

 

カテゴリー:自己/精神

たとえば、一局指して勝ったものの、収穫も進歩もなかったとなればモチベーションは下がります。でも、こういう発見があった、こういう課題が見つかったとなれば次につながります。』

>>続きを見る

 

『情報の質を見極めるときには、自分が信認した基準をほかに持つことをお勧めします。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『私は自分なりの価値基準を決めて、情報を取捨選択します。情報の質を見極めるときには、自分が信認した基準をほかに持つことをお勧めします。たとえば「この人が言っているので間違いない」といった具合です。』

>>続きを見る

 

『絶対的な価値づけをするのではなく、蓄積した知識や経験の流動性を保つことが大切なのです。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ベテランの場合は10年かかってマスターした戦法を、愛着があって捨てきれないということがよくあります。

>>続きを見る

 

『やる気の源は、発見し続けること。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば迷路がある。 ちょっと冒険してみて、王道っぽくない脇道に行くと、なんとそこに、宝箱があった。

>>続きを見る

 

『変化が激しい時代だから経験はムダなのかというと、そうではないと思います。』

 

カテゴリー:知性/知恵

新しい局面に対処しなくてはならないとき、「過去にこういうやり方で遠回りしてしまった」 「こういう方法でブレイクスルーできたことがある」といった経験にもとづく方法論が役に立つからです。

>>続きを見る

 

『あまり先のことまで考えると、道のりが途方もなさすぎて辞めたくなる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私はプロになって26年目ですが、「まだあと30年あります」といわれたら、気持ちが萎えてしまいます。あまり先のことまで考えると、道のりが途方もなさすぎて辞めたくなる。むしろ「とりあえず1キロ走ろう」という気持ちでやっていくほうが、自然に続けられるのではないでしょうか。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP