『ヒト』を最適化しよう。

羽生善治『情報の質を見極めるときには、自分が信認した基準をほかに持つことをお勧めします。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『私は自分なりの価値基準を決めて、情報を取捨選択します。情報の質を見極めるときには、自分が信認した基準をほかに持つことをお勧めします。たとえば「この人が言っているので間違いない」といった具合です。』

 

 

私の場合は極端なので、『人間の頂』に目を向けるのが話が早いと考えた。それが、『四聖』に数えられる、

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリストである。

キリスト

 

だが私には、『この人たちが言ってるから間違いない』という『盲点』はない。『盲信』していないのだ。『崇拝』していない。

 

事実、孔子もこう言っている。

 

ブッダはこうだ。

 

つまり、人間の頂と数えて相違ない彼らほどの人物の、『本当の教え』とは『依存しないこと』だ。それを『捻じ曲げて解釈しただけ』だ。これが私の、宗教を排他的かつ妄信的に信仰する人間への、断固とした見解である。

 

フランスの小説家、プレヴォは言った。

 

2000年以上も時間が経っているのだ。別にそれ自体は自然だ。『伝言ゲーム』レベルですら、情報が歪曲する。だからこそ、妄信するべきではない。重要なのはエッセンス(本質)だ。彼らの教えの、根幹だ。

 

私はそれが本当に一番早いと考えている。人間の頂に目を向け、その教えと知性の本質が何であるかを、歪曲した妄信的な視点から見ず、極めてニュートラルな立場で見る。これが出来れば、この世の一切の事象について、他を寄せ付けない見識が身についているはずだ。その(ニュートラルになる)為に必要なのは、『無知の知』を知ることである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

羽生善治の名言・格言一覧