『ヒト』を最適化しよう。

羽生善治『とりあえず「なんとなくこっちじゃないかな」という方向に進んで、そこでズレていると思ったら軌道修正をして、まだズレていると思ったらさらに軌道修正する。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『混沌としていて何をやったらいいかわからないという場面に出合ったとき、確信も持てないし自信も持てないのは当然です。それでも、とりあえず「なんとなくこっちじゃないかな」という方向に進んで、そこでズレていると思ったら軌道修正をして、まだズレていると思ったらさらに軌道修正する。その方向性だけ誤らなければ、先がみえなくても、比較的迷わず、遠回りせずに進めるのではないでしょうか。』

 

昨日部下に同じテーマについて話をした。その内容はこうだ。

『お前がこの6年間でやってきたことは取り返しがつかない。だが、取り返しのつかないことをしなければ、どの方向が取り返しのつかない方向なのかを、理解しなかったこともまた事実だ。だとしたら今後はどうだ。どの方向に逸れると、制裁を食らうかを、いや、脳ではまだ完全に理解していなくても、少なくとも体で覚えた。後はその道をまっすぐ行けばいいだけだ。逸れたらただ淡々と制裁を食らうだけだ。』

 

法律を犯したら、人は制裁を食らう。これと同じように、人には『見えないが歩くべき道』というものがあって、その道を踏み外すと、例えば、人が深く傷ついてしまう。法律やルール、道徳やマナーとは、その道と、道じゃない場所の境界線にあるもの。それを踏みにじり、軽んじてしまうことは、人の心に土足で踏みにじることを意味し、その延長線上にある最たるものは、戦争である。

 

その道を教える人間の最たるものが、例えば、人間の『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリストである。

キリスト

 

我々は彼らの教えの正当な書物である、論語、仏典、聖書、あるいはクルアーン等を通して、自分たちが歩くべき道が何であるかを、なぞっていく。一つだけ言えることは『争いの方向』に人の足を導く一切の道標は、道標ではない。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧

羽生善治の名言・格言一覧