『ヒト』を最適化しよう。

羽生善治『好きな言葉は「玲瓏」です。いつも透き通った心静かな状態でいたいと思っています。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『玲瓏(れいろう)』とは、玉などが透き通るように美しいさま。

 

上杉謙信も、

 

と言ったが、心に曇りがあるということは、それは疲労やストレスを含めた『負の要因』に心を支配されている。その『黒点』が、人間のパフォーマンスに大きな影響を及ぼすのだ。少しもその黒点がないように、玲瓏な状態でいる。これは、能力の顕在化、パフォーマンスの最大化を図ろうとする人間が、無意識にでも必ず行う心のメンテナンスである。

 

機械とて同じだ。『黒点』一つで、動作に甚大な影響が出る。『点』一つ一つに意味があり、それ自体が『要素』なのだ。玲瓏でいる様に努めることは、機械でいうところの、整備、メンテナンスと何ら変わりはない。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧

羽生善治の名言・格言一覧