名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

西洋の諺『四十歳は青春の老年であり、五十歳は老年の青春である。』

ワグナー


西洋の諺


人生とは、それが何かを知った時にはもう半分が過ぎているものだ。

 

ゲーテは言う。

『10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。』

 

そう考えると、ワクワクしてくる。少年時代も、青年時代も、老年時代も、全てワクワク楽しめる。単純に、そんな人生が、素晴らしいではないか。

 

しかし、

 

『四十歳は青春の老年であり、五十歳は老年の青春である。』

 

という言葉、『青春の老年』というところに妙な違和感を覚える。ここでいう『老年』がもし『終わってゆく様』を表現しているのであれば、また意味が変わってくる。

 

『青春の終わり』という意味になるからだ。そして続く五十歳が、『老年の始まり』だと言っているようにも見える。『青春』というのは『始まったばかり』と解釈することができるからだ。

 

青春

 

だとしたらこの言葉は、

『40歳でもう人間は立派な大人だ。それまでに整えていなければならない。50歳からはもういつ死んでもおかしくないと思え。それが人間に与えられた時間の考え方だ。』

 

という戒めのようにも解釈することができる。

 

例えば、野口英世はこう言っている。

『人は、四十になるまでに、土台を作らねばならぬ。』

 

同じく孔子も『為政』第二-四にて、

『子曰く、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。』

 

つまり、『40歳までに整えよ』と言っている。

 

ある学者は、

『人間なんて50歳を過ぎたらもう生きていても意味がない』

 

と言うし、昔は戦や病気などのせいで、もっと寿命が短かった。それを考えるとこれは、

人生というものはあっという間に終わる。だから、一日一日を真剣に、思う存分生きよ。』

 

という戒めの助言なのかもしれない。

 

一日一日

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

27.『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。

基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

西洋の諺『四十歳は青春の老年であり、五十歳は老年の青春である。』



↑ PAGE TOP