『ヒト』を最適化しよう。

ユダヤの格言『人間の長所は欠点があるということである。』

考察

欠点があるのは、人間だけに限った話ではないはずだ。では、この言葉の意味するところとは、何だろうか。『欠点がある』ということを自覚することで、どういうメリットがあるかを考えれば良い。例えば、

 

  • 思い上がりが無くなる。
  • 弱点を埋めようと努力する。
  • そのコンプレックスを補おうと他の部分を伸ばそうとする。

 

ということが挙げられるわけである。

 

人間は、『空白』の部分にひどく恐怖心を抱く生き物だ。例えば『神』や『宇宙』、『病気』や『科学』である。

 

この世はどうやって誕生したのか?

その先はどうなっているのか?

この病気を治すことはできないのか?

この実験結果はどうなるのか?

 

そしてその恐怖心を『好奇心』に変えて、努力を積み重ねる生き物なのである。つまり、まず最初に『空白』がなければ、努力するエネルギーは爆発しなかった。ということは、人間の長所は、欠点(空白)があるということなのである。

 

空白

 

また、ヴォルテールはこう言い、

 

シェイクスピアもこう言ったが、

 

やはり『思い上がりが無くなる』ということは人間にとってとても良いことだ。何しろ、人間が『神』であり、『この世の支配者』だと勘違いすることがない。そう考えると、やはり人間の長所は、欠点があるということである。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

ユダヤの諺一覧

ユダヤの諺一覧