『ヒト』を最適化しよう。

『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。』

基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

普通に考えて、基礎工事をしない建築物は崩壊するだろう。その脆弱性が後で問題になってからニュースになり、世間を騒がせることはよく見る光景だ。建築物の基礎をしっかりしないで手を抜くということは、その建築物がいざという時に支えていられなくなり、崩壊してしまって、そこに住む人間の命に関わるような、大事故を巻き起こす確率が飛躍的に高くなってしまうことを意味する。

 

逆に、基礎・土台がしっかりしている建築物であればあるほど、その後、どれだけその建物を大きく立派にしようとしたときも、その建物を支えることが出来る。ここまで考えたうえでも、もし自分が大して立派な人間になりたくないというのであれば、基礎工事は適当にすればいい。

 

若いときは刹那的でよかったが、子供が出来たから考えを改めたい?別にそこからでも遅くはない。大丈夫だ。だが、その時かつて基礎工事をしていた人間は次の段階へと進んでいて、その差はもしかしたら一生縮まることはない。このことについて考える時期は、早ければ早い方がいい。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
エベレストに登る前には、一か月ほど気圧と高地での酸素濃度に体を慣らす時間が必要とされる。では、その時間を無視してそのまま山に挑めば、どうなるだろうか。『登頂の目的』は達成できるだろうか。
ヒント2
自動で回る弾み車を見て、自分もああいう楽な装置が欲しいと思った。だから同じ弾み車を探して回した。しかし、一向に自動で回る気配がなかった。なぜなら弾み車は仕組み的に、最初は手押しでエネルギーを溜め込む必要があるからだ。彼はその真実から目を逸らし、他の自動で回る弾み車を探した。しかし、一生それを見つけることはできなかった。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(16)

政治家・リーダー(2)

 

発明家・ビジネスパーソン(5)

 

作家・小説家・詩人(2)

 

クリエーター・アーティスト(2)

 

支配者・将軍・軍師・棋士(1)

 

アスリート・剣豪(1)

 

科学者・学者(3)

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)