名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

小林秀雄『老醜という言葉は様々な生物にいえるが、大木には当てはまらぬ。大木は老いていよいよ美しい。』

小林秀雄


日本文芸評論家 小林秀雄画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


ホイットマンは言った。

『若い女は美しい。しかし、老いた女はもっと美しい。』

 

しかし、それらは本当だろうか。一見すると、首をかしげざるを得ない。だがそれは、『一見しかしてない』からだ。本質を見ようとしなければ、全てのことは、不透明のままである。

 

二宮金次郎は言った。

『樹木を植えて、30年たたなければ材木にはならない。』

 

 

この世には、時間をかけなければ完成しないものが、あるのだ。それがわかっていれば、今すぐに取り掛かるべきことが、基礎・土台であるという事実が、見えて来るはずである。


リンカーンは言った。

『もし8時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。』

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

27.『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。

基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。


>>続きを見る

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

小林秀雄『老醜という言葉は様々な生物にいえるが、大木には当てはまらぬ。大木は老いていよいよ美しい。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

小林秀雄関連の書籍

 

同じ人物の名言


『人間は何もしないで遊んでいる時に育つんだよ。』

 

『青年にとってはあらゆる思想が、単に己の行動の口実にすぎぬ。』

 

『教えようと思っている人から教わった人は一人もいない。』

 

『見ることは喋ることではない。言葉は眼の邪魔になるものです。』

 

『科学というのは、人間が思いついた一つの能力に過ぎないということを忘れてはいけない。』

 

『僕らが生きてゆくための知恵というものは、どれだけ進歩してますか。例えば論語以上の知恵が現代人にありますか。』

 

『世間を渡るとは、一種の自己隠蔽術に他ならない。』

 

『絶望するにも才能がいる。』

 

『歴史は進歩なんかしない。ただ、変化するだけだ。』

 

『現在の行動にばかりかまけていては、生きるという意味が逃げてしまう。』

 

『芸術は、タブーを持ったら衰退する。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP