名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

リンカーン 名言/格言

リンカーン

 

エイブラハム・リンカーンとは(画像

アメリカ政治家通称『奴隷解放の父』。アメリカの第16代大統領でもあったエイブラハム・リンカーンは、1809年2月12日に生まれた人物です。もともとは弁護士として活動していましたが、イリノイ州で上院議員を務めたのち、アメリカ大統領に就任しました。彼が行った数々の偉業の中でも最も高く評価されているのは「奴隷解放の父」と言う部分ではないでしょうか。アメリカ国内で行われた南北戦争により、国内が二つに分裂する危機を見事に乗り越えて一つにまとめたリンカーンの、奴隷解放に尽力した功績は高く評価されていて、現在でも「アメリカで最も偉大な大統領」と言われることも少なくありません。

 

1862年に奴隷解放宣言を行ったリンカーンが残した名言の中には、私たちが良く知るものがたくさんあります。例えば「40を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持つべきだ」「今日できることを明日に残すな」などは、普段から使っている人も多い言葉ですし、「今日の責任から逃れることができても、明日の責任からは逃れられない」など、人生における教訓的な名言もたくさん残しています。

 

もともと穏やかな性格で働き者と評判だったリンカーンですが、妻はとてもヒステリーな女性で、彼に対しても声を荒げて怒鳴ることが多かったのだとか。そのため、彼は自宅で過ごす時間よりもオフィスで仕事に没頭する時間が長かったと言われています。彼は大統領の2期目を務めている際に暗殺されてしまいましたが、彼の掲げた数々の政策は、現在でもアメリカの歴史が誇る政策として維持されています。

 

リンカーン関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

リンカーンの言葉


 

 

『もし8時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

今、『アメリカンドリーム』と聞くと、少し拝金的な匂いがする軽薄な印象が少なくともついているが、とんでもない。リンカーンのような生き様こそが、元祖なのだ。

>>続きを見る

 

『僕もこうして人間に生まれてきたんだから、やはり何か生きがいが感じられるまで生きている義務がある。』

 

カテゴリー:人生/生死

リンカーンには家族がいたが、4人の子供のうち、3人が成人になる前に亡くなり, 妻は不安定になった。これだけを聞いても、彼の言葉にぐっと重みが増すだろう。

>>続きを見る

 

『人格を樹木だとすれば、名声はその影のようなものだ。その影は樹木について私達が考えたものだが、樹木は樹木そのものだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

苦労して蓄積した、構築した、あるいは建築した努力は、決して裏切らない。それが樹木だ。立派な樹木になればなるほど、その影は大きく立派になる。しかしその影は、『その木に反応しただけ』の実態に過ぎない。

>>続きを見る

 

『幸福であろうと決めた、その心の程度に応じて人は幸福をつかむ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

どれだけの物を得ようと考えるか。それが当然、得られる物が何であるかを決める。例えば登山をすると決めた時、5合目までで十分だと考えて、そこからの景色を撮りたいと思い、登山する。

>>続きを見る

 

『人間は誰でもほめられることが好きなものだ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

だが例えば、自分という要素が、緑、赤、黄、青、で形成されていたとしよう。

>>続きを見る

 

『不測の事態に備えよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『予測できる事態』に備えるのは当たり前で、『不測の事態』にも備える。これが出来る人間は、厳選される。

>>続きを見る

 

『我々はここで確信する。戦死した人々は無駄ではないことを。この国民は神の加護を受けて新生の自由を享受するだろうことを。そして人民の人民による人民のための政治が地上から抹殺されることはないだろうことを。』

 

カテゴリー:知性/知恵

黒人の奴隷解放に尽力したリンカーンは、この言葉を言うまでに一体どれほどの努力を積み重ね、あるいは辛酸をなめて来ただろうか。

>>続きを見る

 

『私はひとつの痛切な願いを持っている。それは、私がこの世に住んだがゆえに、少しだけ世の中が良くなったということが認められるまで、生きたいということだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

3人の子供を成人する前に失い、妻の精神も狂った。そんな人間が、この世に、この人生について考えることは、どんなことだろうか。

>>続きを見る

 

『あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

以前テレビドラマで聞いたこの言葉。『あなたが転んだことに興味はない。あなたがそこからどう起き上がるかに興味があるのだ。』これの恐らく、大元がリンカーンのこの言葉だろう。

>>続きを見る

 

『こちらに五分の理しかない場合には、どんなに重大なことでも、相手に譲るべきだ。こちらに十分の理があると思われる場合でも、小さいことなら、譲った方がいい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

どう考えても相手に非があるという場面に直面したとき、その真偽と是非について、 見識がある人間ほど、人が見えない人間のまがまがしさが見えて、大変だ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP