『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

小林秀雄『現在の行動にばかりかまけていては、生きるという意味が逃げてしまう。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『生きる』ということが、『現在の行動にかまける』ことによって、成し遂げられないということを考えた時、すぐに思いつくのが、ルソーのこの言葉だ。

 

ここで言う『呼吸』ということは、『行動』ということよりも、『保守的』であり、『静止』している様な印象を得るわけだ。それに比べて、『行動』の方は、『積極的』であり、『流動』している。

 

ナイチンゲールは言った。

 

この世は流動変化しているのだ。

 

ブッダに言わせれば、

ブッダ

 

時間は流れ、宇宙はうごめき、命の火は消え、物質は分かれる。風は吹き荒れ、大地は鳴り響き、海は揺らいで、炎は燃え盛る。

 

我々の命も、その他の一切の森羅万象同様、流動変化していくものなのである。最初からそうなっているのである。これこそが、真理なのだ。それなのに、自分がそこに『静止』して、それを『保守』している姿は、『執着』である。『執着』というのは、ブッダの定義する『罪』だ。つまり、それを『しない人』が、『立派な人間』であり、『する人』は、その対極である。

 

『人間じゃない』という言い方まではしないが、極端に言うなら、そう言い切ってもいい。だとすると、その『人間じゃない人』が送る毎日は、『人生』とは言えないわけである。生きるとは、呼吸することではない。行動することだ。この、流動変化するこの世を『生きる』ということは、そこに静止することではない。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』 『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧