名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ガンジー『人はなぜ心に恐れを抱くのか。それは、自分の魂の力を、真理の力を信じていないから。』

ガンジー


インド宗教家 ガンジー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


『人はなぜ心に恐れを抱くのか。それは、自分の魂の力を、真理の力を信じていないから。しかし、信じる心は理性の力で得られるものではない。それは、自分自身のためではなく、他人のために働き続けることで、ゆっくりと自分のものになる。』

 

 

宮崎駿のこの記事で、

『伝道の書に書かれてる突き抜けたニヒリズムっていうのは読んでてちょっと元気が出ました。』

 

これらの真理から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。

 

という事実を書いたが、これは私にとっても大きな発見というか、発見の具体化の成功だった。このことについて熟考すれば、今回のガンジーの言葉の意味も見えて来る。つまり、怖れを抱いたり、虚無を感じたりするのは、『真理』から逸れているからなのだ。

 

『真理=神=愛』

 

という図式で間違いない。例えば、『あなたをこんなに愛しているのに!』と言って、相手を殺害したとしよう。

 

 

しかしそれは『愛』の曲解であり、『真理』の道からも逸れている。何しろ、殺人をしたのだ。それが正当化される概念など、全てぞんざいな概念でしかない。子供が、アリやバッタを無邪気に踏み潰して殺すのと同じだ。単なる『命に対する勉強不足』である。それ以上でも以下でもない。どうやっても正当化などされない。ぞんざいで未熟な、的外れの概念である。

 

とにかく、殺人をした。その時、虚無感が襲った。それを隠蔽するために、心底に気持ちを押し込めて、精神異常のフリをしようが何をしようが、どちらにせよそこにあるのは『虚無感』である。なぜ、『愛』を追い求めたのに、虚無に襲われたのか。それは先ほど書いたように、

 

真理から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。

 

という図式があるからなのである。

 

『真理=神=愛』。つまりそこには、神もいなかったし、愛も無かった。あったと思い込んでいるだけで、それは『本当の愛』ではなかった。なにしろ、『愛は与えるもの』だ。奪うものではない。ましてや、『命を奪う』ことなど、愛とは真逆の行動なのである。

 

『愛(真理)』から逸れた。だから虚無に襲われた。この世はどうやら、『そうなっている』のだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ガンジー『人はなぜ心に恐れを抱くのか。それは、自分の魂の力を、真理の力を信じていないから。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ガンジー関連の書籍

 

同じ人物の名言


『私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。』

 

『いかなることがあっても、暴力に訴えてはなりません。抵抗せず、ただ打たれてください。』

 

『無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、暴力者の意志に対して全霊を投げうつことである。』

 

『君が考えること、語ること、すること、その3つが調和しているとき、そのときこそ幸福はきみのものだ。』

 

『前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう。』

 

『明日はもう政府はないと思いなさい。そのとき、あなた自身が政府となるのだ。』

 

『理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。』

 

『自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない。』

 

『私たちのように未完成な人間に、何もかも完璧にこなせるわけがない。私たちにできるのは、その時その時の妥協点を探ることである。』

 

『自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。』

 

『あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。』

 

『人は何度でも立ち上がる。立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足元はおぼつかないかもしれない。けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。』

 

『あらゆる執着からの自由とは神を真理として現実化させることである。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP